MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

日記

こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日、久しぶりに地元の人気洋菓子店「ポワール」でケーキを買ってきました。私は「杏仁豆腐」と「イチゴショート」を頼みましたが、久しぶりに食べたら、おいしかったですね。「杏仁豆腐」ですが、結構素敵なお値段で1つ843円(税込)もします。でも美味しいので買いました。一応季節ものなんで、春夏の商品です。この「杏仁豆腐」が入っている陶器が結構使えまして、家の食事でちょっとしたおかずの入れ物に使っています。もう結構食べたので、10個ぐらいあるかな。家の食器として役に立っています。

IMG 4891



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は、津守に行くために久しぶりに南海電車の汐見橋支線に乗りました。大阪市内の路線であるにもかかわらず、1時間に2本しか走っておらず、しかも2両編成、都会のローカル線という感じですね。駅も古く、無人駅もあります。朝、夕は、津守にある高校生の通学で、それなりに人は乗っていますが、それ以外はあまり利用客はいないように思いますね。一時期は、将来計画されているなにわ筋線のために利用されると思われていましたが、結局この汐見橋支線は使われず、南海は新難波駅を作り、なにわ筋線に直通することを発表しましたので、汐見橋支線は日の目を見るチャンスはなくなってしまいました。私が生まれる前は、南海高野線の始発路線だったようですね。なので、1時間に2本しか電車が走っていないのに、複線というオーバースペックな路線なんですね。いつまでこの路線は走り続けるんでしょうね。

IMG 4894



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日はこどもの日ですね。ということで、近くの和菓子店で、ちまきを買ってきました。笹の匂いがいいですね。もうちまきを食べる歳でもありませんが、まあ、これもイベントの一つということで・・・・。美味しくいただきました。

IMG 4832



こんにちは!Mac-BCL777です。

日本時間、4月21日に発表された新型iPad Pro。とても魅力的ですね。今までは、M1 MacBook AirがあるからiPad Proなんて必要ないと考えていましたが、今回発表されたiPad Pro 2021は今までと違う!ということで、私は思い切ってM1 McBook AirからiPad Pro 2021に乗り換えようかと少し考えています。何を考えてるんだ、そんなのM1 MacBook Airの方がいいに決まっているじゃないか!という方がほとんどだと思います。それでもは私は、自分の使い方を考えると、新型iPad Pro 2021は良いなと思うし、M1 MacBook Airの代わりになると考えています。といってもiPad Proを使ったことがないので、先週の土曜日になんばのビックカメラに行って、現行機種のiPad Pro 2020+Magic Keyboardを触ってきました。その結果から、それでも新型iPad Pro 2021を購入する必要性を(自分が買うべきだと思う)を考えてみました。

MacBook Air

IPad Pro


 1.M1 MacBook Airと新型iPad Pro 2021の違い


私が考えるM1 MacBook Air と 新型iPad Pro 2021との違いを考えてみました。SoCは、M1 MacBook Air、新型iPad Pro 2021ともにM1チップ、メモリも同等なので、使い勝手での違いを書いています。
  • M1 MacBook Airは、1.29kgと持ち運ぶには重い
  • M1 MacBook Airは、ファイル管理など複雑な作業もこなせる。かゆいところに手が届く。万能である。特にマルチタスク、マルチウインドウは、iPad Proではまだまだ弱い。
  • M1 MacBook Airは、何でもできるアプリが揃っている。ただし、Macのアプリは価格が高い。
  • M1 MacBook Airは、すぐに取り出して使えない。スリープ状態だとしても、パスワード解除、アプリの起動などで時間がかかる。
  • M1 MacBook Airは、Touch IDが使える。コロナ禍ではFace IDより嬉しい。
  • M1 MacBook Airは、インカメラの性能が低い。(720p)
  • M1 MacBook Airは、Thunderbolt / USB 4ポートが2ポートあるので、拡張性が高い


  • 新型iPad Pro 2021は軽い。11インチモデルなら466gで持ち運びがしやすい。
  • 新型iPad Pro 2021は、私の使い方なら最強のコンテンス消費デバイスである。M1 MacBook Airより、コンテンツの閲覧性が高い。
  • 新型iPad Pro 2021は、4スピーカー内蔵で本体の音がいい
  • 新型iPad Pro 2021は、ブラウザの表示がパソコンと同じ表示で見ることができる。
  • 新型iPad Pro 2021は、ディスプレイがM1 MacBook Airよりも綺麗である。また、画面がProMotionテクノロジーが採用されており、リフレッシュレートが120Hzで、滑らかな動きが楽しめる。M1 MacBook Airは60Hzである。
  • 新型iPad Pro 2021は、タッチパネルが使えて、画面の操作性に優れる。さまざまなジェスチャーが使えて、アプリの切り替えも自在。
  • 新型iPad Pro 2021は、Apple Pencil(第2世代)が使えて、手書きのメモが書けたり、絵も描ける。画面の細かい操作もできる。
  • 新型iPad Pro 2021は、インカメラだけでなく、デュアルのアウトカメラがあり、自身で撮影して、そのまま動画の編集、写真の編集ができる。カメラの性能もMacより高い
  • 新型iPad Pro 2021は、セルラーモデルがあるので、自身でネット接続ができる。
  • 新型iPad Pro 2021は、世の中に安価なアプリがApp Storeでたくさん提供されている。ただし、Macのような多機能なアプリは少ない
  • 新型iPad Pro 2021は、外付けキーボードなしでも使えるが、やっぱりMagic Keyboardがあった方が使いやすい
  • 新型iPad Pro 2021は、Thunderbolt / USB 4ポートがあるが1個しかない
とまあ、こんな感じの違いになると思います。OSの違いからくる使い勝手の違いがあること、OSの歴史がMacOSの方が古いので、何でもストレスなくできるのは、おそらくM1 MacBook Airだと思います。

 2.M1 MacBook Airから新型iPad Pro 2021に買い替える理由は?


それでは、M1 MacBook Airから新型iPad Proに買い替える理由はあるのかについて考えてみました。
  • 私のM1 MacBook Airの使い方は、そんなにヘビーではなく、Web閲覧、YouTubeなどの動画鑑賞、音楽鑑賞、ブログの更新、簡単な写真の編集です。移動中は、iPhone 12 miniで、音楽鑑賞、web閲覧、電子書籍の閲覧です。お分かりの通り、M1 MacBook Airは重くて、持ち歩けませんし、iPhoneではWeb閲覧、電子書籍の閲覧は画面が小さくてストレスがかかります。また、会社は私物のパソコンの持ち込みは禁止なので、外出中はiPhone 12 miniが情報収集端末となります。小さい画面では、やっぱりストレスを感じます。
  • 新型iPad Pro 2021は、上記の使い方を全て置き換えられると思っています。Web閲覧もパソコンと同じ表示で、スマホのように情報量が少なくなることはありません。YouTube動画鑑賞、音楽鑑賞、少し不便になるかもしれませんが、ブログの更新もできますし、簡単な写真の編集も十分に対応できます。その上、本体はM1 MacBook Proよりもかなり軽いので、持ち運びも苦になりません。また、会社も私物のパソコンの持ち込みは禁止ですが、タブレットは申請すれば持ち込みは可能ですので、行き帰りの通勤時に新型iPad Proを使うことは可能です。ただ、外出先で使うならセルラーモデルが便利だとは思いますが、私はキャリアの2回線契約は、維持費が無駄だと考えていますので、買うならWi-Fiモデルですね。外出先でネットに接続したい時には、iPhone 12 miniのテザリングで十分かと考えます。
  • 問題は文字入力ですが、先日、ビックカメラでMagic Keyboardを使ってみましたが、トラックパッドもキーボードも、まずまずの使い心地でしたので、あまり心配はしなくていいかなと思います。
  • M1 MacBook Airで使っているアプリの代替えですが、調べてみると、iPad Proでも同等に使えるアプリがありますので、これもあまり問題にならないかなと思っています。
ということで、買い替えることによる作業効率の低下などは、慣れれば問題はないかなと判断しました。とはいえ、macOSは使いやすいOSなので、ひょっとしたら、iPad Proで作業するにあたり、ストレスを感じることはあるかもしれませんね。ただ、私の場合、家にはWindowsパソコンもありますので、どうしてもiPad Proで不便なアプリがあったとしても、Windowsパソコンがあり、アプリの種類も豊富なので、心配は少ないのかなと思いました。それよりも携帯できる情報端末としてiPad Proは、大きさもちょうどいいかと思います。

 3.12.9インチ、11インチの新型iPad Pro 2021のどちらのサイズを選択すべきか?


12.9インチのiPad Proには、Appleのプロ用ディスプレイにも採用されているLiquid Retina XDRディスプレイ、 12.9インチ(対角)ミニLEDバックライトMulti-Touchディスプレイが搭載されており、とても画面が綺麗だそうです。ですが、私は現行のiPad Pro 2020を店頭でみてきましたが、十分に綺麗でしたので、判断基準はサイズ感かなと思っています。
  • 自宅、会社での通勤電車でも使いたいと思っていますので、サイズ感を考えると、私の場合は11インチ一択です。カバンに入れやすいことが第一です。12.9インチは、プロのイラストレータさんのように、明確に画面が大きい必要性がない限りは11インチが最適かと考えます。
  • 重さも重要です。12.9インチは682g、11インチは466gですので、圧倒的に11インチがいいと思っています。
ということで、もし私が購入するなら11インチ新型iPad Pro 2021になると思います。iPhoneもiPhone 12 miniを選んでいるくらいですからね。

 4.セルラーモデルは必要か?


確かに外出先でネットを使いたいときには、セルラーモデルが便利だとは思います。ですが、手元にiPhone 12 miniがありますし、回線契約すると、キャリアに対して回線維持費が発生します。基本は事前にWi-Fi環境で必要なデータはダウンロードしておけばいいわけで、あえて2万円も高くなるセルラーモデルを購入する必要はないと思います。どうしても外出先でネット接続したい場合は、iPhone 12 miniでテザリングすればいいわけですから、余分な回線維持費を負担したくはありませんので、私の場合はWi-Fiモデルを選択しますね。カーナビ代わりに使いたい場合は、iPad Proではなく、iPhone 12 miniに任せておけばいいわけですから。

 5.まとめ


ということで、私がもし新型iPad Pro 2021を購入するとしたら・・・
  • M1 MacBook Airはやめます。売却します。
  • 大きさと軽さ重視で、11インチ新型iPad Pro 2021のWi-Fiモデルを購入すると思います。
  • あと作業を快適にするために、Magic Keyboard、Apple Pencilで運用します。私の使用用途なら十分に使えると思います。
心配事があるとしたら、ファイル管理などはmacOSの方が便利だとは思いますが、慣れでしょう。最悪Windowsパソコンを持っていますので、十分にフォローできるでしょう。難しいことはWindowsパソコンに任せればいいと思っています。

まだ、発売までは時間がありますので、よく考えて、今のままM1 MacBook Airで続けるのか、11インチ新型iPad Pro 2021にするのか決めたいと思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

4月21日に発表されたiPad Pro 2021。M1チップを搭載して、私が今メインで使っているMacBook Airと同等の性能になりました(と思う)。そう考えたときに、アプリなどが割高のMacBook Airを使い続ける必要があるのかなと思うようになりました。ひょっとしてiPad Pro 2021の方が使いやすいのか?とか考えるようになっています。というのは、Macだと毎年更新のアプリとか、結構維持費がかかるものもあります。まあ、Macの方が、使い方の自由度は高いのですが、iPad Proの場合、高性能なカメラがあったりして、動画を作成するときとか、特別な機材がいらないんですよね。ブログの更新も、ライブドアが公式に出している無料のアプリが提供されていたりと、実はMacを使うより楽になるのではないか?と少し考えています。価格も性能の割りに安いし、今はMacよりもたくさんのアプリがApp Storeで入手できます。こうなると、Macは自由度が高いだけということになります。年間のアプリの更新維持費も安くなるので、MacBook Airの代わりにならないかなというのが正直な気持ちです。iPad Pro 2021はまだ、発売が先ですので、Macで今行っている作業が、iPad Pro 2021で使うとどうなるのか、気になるところはないのかを少し調べてみようかと思っています。かる〜く調べた感じでは、Macと同等のことができる感じです。操作性の違いの問題のような気もしますね。で、iPad Proですが、モノを作り出すだけでなく、コンテンツ消費デバイスとしては、MacBook Airの上を行っていますので、その辺も考慮した上で、M1チップ化されたiPad Proを調べてみたいと思います。

IPad Pro 2021



↑このページのトップヘ