MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

先日模様替えしたばかりの私のBCLシャックでしたが、ETON E1XMに代わり、National RF-2200をシャック入りさせました。

DSC 0345


 久々のアナログチューニングが楽しい


先日、久しぶりにRF-2200のアナログチューニングを楽しみましたが、思いの外良く聞こえるので、しばらくシャックに入れて、いつでも受信できるようにしました。基本的に良く聞こえている国際放送の受信専門ですが、しばらく楽しく使ってみたいと思います。

Radio AustraliaやRadio Frence Int'l、Radio New Zealand Int'lなど、強力な放送局の受信に使っています。いい音で受信できていますよ。マーカに合わせてスプレッドダイヤルを回す操作が楽しいですね。シャックに入れた直後は、ボリュームにガリが少しありましたが、しばらく使っているとなくなりました。今はどのつまみも快調に動作しています。

感度はIC-R75やPerseusに比べると、やっぱり弱い局が厳しいですが、強力な放送を受信する分には問題ありません。ただ、ALA-1530S+をRF-2200につなぐと入力が大きすぎて飽和します。RF GAINで絞るといい感じで受信できます。しばらくシャックで楽しんで使いたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、久しぶりに使ってみたNational RF-2200について書きたいと思います。

DSC 0343


 アナログダイヤルの操作が楽しい!


久々にRF-2200を使ってみました。写真は6055kHz ラジオNIKKEIを受信しているところです。スプレッドダイヤルを0kHzにロックし、マーカで6MHzに合わせて、ロックを解除して、スプレッドダイヤルを回して、6055kHzを受信しました。綺麗に受信できています。このスプレッドダイヤルをロックして500kHzマーカで合わせるという作業が、なんとも言えず楽しいですね。私がBCLを始めた頃は、すでにICF-2001などのデジタルの時代でしたので、RF-2200に出会うのは、大人になってからでしたが、この操作感は、メーター好きの私には、とても楽しい操作です。


 ちょうどいい性能、スピーカの音質が良い!


このころのアナログラジオは、スプレッドダイヤルの読み取り精度が10kHzでした。選択度が8kHzぐらいですので、スプレッドダイヤルのひと目盛りがちょうど選択度とあっていますので、使いやすいと思います。このころのデジタル表示のBCLラジオも同程度の選択度でしたので、デジタル表示が5kHzくらいズレていても気がつかないため、誤った周波数で確認してしまう可能性があります。そういう意味でRF-2200などのスプレッドダイヤルの読み取り精度と合っていたので、使いやすいと思います。最近のデジタル受信機は、選択度も鋭い機種が多いですので、読み取り精度に合った性能と言えると思います。

このころのBCLラジオは、ボディーが大きめですので、内臓スピーカーの音がとても良いです。ボディー全体で鳴らしている感じがしますね。最近のラジオは小型なものが多いので、スピーカーの音がとても貧弱なものが多いですね。感度も最近のラジオよりもいいと思います。

ICF−5900と人気を二分したBCLラジオですが、どっちが好きかと言われると、困りますね。どちらも使っていて楽しいラジオですからね。強いて言えば、私はRF-2200が好きですね。スプレッドダイヤルが巧みにできていいて、読み取りやすいような気がします。あと、おまけレベルですが、選択度が切り替えられるところがいいですね。

まあ、こんな感じでRF-2200をたまに引っ張り出してきて、使っています。毎回新鮮な感じがして、いい気分転換になります。皆さんも、たまにアナログラジオを触ってみてはいかがでしょうか。きっと新鮮で良い気分転換になると思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。
今日は、ポータブルラジオのGrundig G5について書きたいと思います。

 購入経緯


購入したのは、2008年頃だったと思います。このころ、DEGEN DE1103DRMを持っていて、性能的には満足していたのですが、DEGEN DE1103DRMは操作性がイマイチだったので、性能がDEGEN DE1103DRMと同等レベルで、操作性が良いポータブルラジオがないか探していました。いろいろとインターネットなどで情報を探してみると、ETON E5とGrundig G5が良いのではと候補に挙がりました。どうやら性能は、どちらも差がないようで、あとは見た目の好みとなりましたので、デザインが気に入ったDrundig G5を購入することにしました。購入したのは、米国のUniversal Radioでした。2週間ほどで無事、私の手元に届きました。

写真01


 この受信機の使い方


DEGEN DE1103DRMと同じ頻度で使っています。基本的にFMラジオとして、何かをしながら聞いています。外部アンテナ端子もありますので、たまにアンテナをつないで、Radio New Zealand Int'lなど、強力な国際放送を聞くこともあります。


 製品仕様


Grundig G5の製品仕様は、以下のとおりです。
  • 受信周波数:AM(150kHz〜29,999kHz)、FM Stereo
  • 受信形式:AM、SSB
  • 受信方法:オートスキャン、マニュアルスキャン、ダイレクトキーイン、マニュアル
  • メモリプリセット:700
  • 選択度:ワイド、ナローの2段切替
  • トーンコントロール:2段階 NEWS/MUSIC
  • 世界時計、アラーム、タイマー機能
  • ステレオライン出力端子
  • 外部アンテナ端子
  • サイズ:16.8 x 10.5 x 2.8 cm(横×縦×高さ)
  • 重さ:345g


 使用感


  1. 感度:ほぼDEGEN DE1103DRMと同じで、感度は良いと思います。感度切替(アッテネータ)が付いていますので、ロッドアンテナの時は「DX」で、外部アンテナをつなぐときは「LOCAL」にして受信しています。
  2. 周波数入力:DEGEN DE1103DRMと違って、数字キーの並びが押しやすいです。素早く聞きたい周波数を入力できます。チューニングダイヤルがあり、マニュアルでのチューニングもスムーズにできます。
  3. 選択度切替:WIDE/NARROWの2段階が選べます。NARROW時の選択度は4kHzぐらいで、ポータブルラジオとしては、まずまずのではないでしょうか。音質も聴きやすいです。
  4. SSB:SSBの復調が可能です。ファインチューニングが付いていますので、ポータブルラジオにしては、SSBが聞ける方だと思います。
  5. メモリープリセット:700局メモリーできます。操作もしやすく、十分なメモリー数だと思います。
  6. Sメータ:ポータブルラジオですが、Sメータが装備されています。DEGEN DE1130DRMのSメータよりは使いやすいと思います。AM専用のメータとなっており、FMではメータ表示されません。
  7. 時計機能:世界時計に対応しています。日本時間だけでなく、世界標準時や主要都市の時刻が表示できます。
  8. バックライト:ICF-2010のように暗いライトではなく、明るく見やすいライトです。
  9. 音質:2段階 NEWS/MUSICで切り替えができます。音質はDEGEN DE1103DRMより、良い音質のように思います。
  10. 操作性:各操作キーが大きめですので、とても使いやすいです。DEGEN DE1103DRMのようにクセのある配置ではありませんので、直感的に使えると思います。


 残念なところ


  • 操作性は文句ないのですが、ボディーが独特の加工がしてあるため、長く使っていると、ネチャネチャしてきて、触りづらくなります。これさえなければ、価格を考えても文句ないポータブルラジオだったと思います。
  • 同期検波がないところです。これが付いていれば、文句なかったのですが・・・。


 まとめ


簡単に使用感を書いてみました。性能はDEGEN DE1103DRMと同等で感度も良く、操作性が良いので、個人的にはDEGEN DE1103DRMより使いやすいポータブルラジオだと思います。音質も良いので、聴き疲れしないと思いますし、表示画面も情報が見やすく配置されていますので、良いと思います。とてもバランスの良いポータブルラジオだと思います。

以上、Drundig G5の使用感でした。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、私が良く使っているDEGEN DE1103DRMで長波・中波放送受信時に外部アンテナを使用する方法を書きたいと思います。ネット上でも外部アンテナを使う方法として公開されている情報です。

 長波・中波放送で外部アンテナを使用可能にする


DEGEN DE1103は、長波・中波の受信では内臓フェライトバーアンテナで受信する設定になっているため、そのままでは外部アンテナを接続しても使用できません。外部アンテナを利用できるようメモリーに記憶させ、そのメモリーを呼び出して外部アンテナを使う方法を紹介します。

【手順】
  1. 数字キーで、1711kHzを受信します。
  2. 「BAND-」と「BAND+」ボタンを同時に押し続け、周波数の下方向へのスキャンをさせます。
  3. 周波数表示が「100kHz」以下になったら、TUNEダイヤルを回しスキャンを停止させます。
  4. TUNEダイヤルで0〜99kHzまでの任意の周波数に合わせた後、その周波数をメモリーします。
  5. 上記4.でメモリーした周波数を呼び出し、TUNEダイヤルで目的の長波・中波放送局の周波数に合わせメモリーします。
この状態で最後にメモリーした周波数を呼び出すと、長波・中波放送でも外部アンテナでの受信が可能になります。DEGEN DE1103のメモリー内容には、フェライトバーアンテナ受信か、外部アンテナ受信なのかも記憶されます。

内臓フェライトバーアンテナでの受信か、外部アンテナでの受信なのか、状態の確認方法は、以下の画像にある通り、液晶下部の周波数の指針表示がされているか、消えているかで判断できます。
  • 内臓フェライトバーアンテナで受信中
  • DSC 0316

  • 外部アンテナで受信中(ダイヤルの指針が消えています。)
  • DSC 0318

以上の手順で行えば、DEGEN DE1103で長波・中波放送で外部アンテナを使用できるようになります。
都市部ではノイズが多く、内臓フェライトバーアンテナでは、綺麗に受信できないことも良くあります。そんな時に、この方法でDEGEN DE1103に外部アンテナを接続して、安定した受信をしてみると、いい状態で受信できますよ。ぜひ、お試しください。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、以前アイキャスエンタープライズから発売されていた「DEGEN DE1103DRM」を高性能DXマシーンにする方法について書きたいと思います。


 購入経緯


2008年頃に購入したと思います。このころは、DRM放送の受信にはまっていました。そんな中、DRM放送が受信できる「DEGEN DE1103DRM」が発売されていることを知り、しかもポータブルラジオということで興味を持ちました。いろいろと情報を集めているうちに、ポータブルラジオでDRM放送を受信してみたいと思い、アイキャスエンタープライズから購入しました。2016年現在は、販売されていないようです。
DSC 0314

 受信に必要なもの


DEGEN DE1103DRMをDRM受信や、DXマシーンにするために必要な機材は、以下の通りです。
  • DEGEN DE1103DRM本体
  • 付属の専用音声ケーブル
  • パソコン
  • パソコンにマイク端子が無い場合は、USBオーディオインターフェース
  • DREAMソフトウェア

 DRM放送の受信はイマイチ


最初はDEGEN DE1103DRMで手軽にDRM放送を受信しようと思い購入しましたが、実際に使ってみると、DRM放送の復調があまりうまくいきませんでした。私の受信環境が良くないのか、私のDEGEN DE1103DRMの個体差なのか・・・、良くわかりません。PerseusではDRM放送が復調できていましたので、私のDEGEN DE1103DRMの性能の問題だと思います。

 DEGEN DE1103DRMを高性能DXマシーンにする!


私のDEGEN DE1103DRMが、DRM放送の復調がイマイチなのでガッカリしていましたが、他に楽しめることがないかと考えていたところ、DREAMにAMモードで受信する機能があるのを思い出しました。この機能を使えば、AM受信、SSB受信、ノイズリダクション機能、選択度の幅を自由に変更できる機能が使えます。早速、DEGEN DE1103DRMをDREAMに接続して、AMモード受信を試してみました。
20161014_2050_9870kHz_AIR

上記の画面を見ていただくとわかると思いますが、AM、SSBでの受信、ノイズリダクション機能、選択度フィルター幅を自由に変更できることがわかると思います。
  1. 受信モード:AM、SSB(LSB、USB)の各モードで受信できます。
  2. ノイズリダクション:ノイズが多い受信状態のとき、不要なノイズを抑え聴きやすくなります。
  3. 選択度切り替え:思い通りの選択度に設定できますので、混信対策ができます。まるでNRD-545やPerseusのようですね。
DEGEN DE1103DRMとDREAMソフトがあれば、DEGEN DE1103DRMが鋭い選択度を持ったDXマシーンに変身できます。PerseusやNRD-545、ICOM IC-R75のような通信型受信機の性能を超えるわけではありませんが、かなりDX耐久度がアップします。ちょっと遊んでみましたが、かなりDX局受信に頑張ってくれますよ。安価なポータブルラジオでDXというのも、結構楽しいと思います。

 まとめ


DEGEN DE1103DRMとDREAM受信のまとめです。
  1. DRM放送の復調はイマイチ。かなり電波が強くないと復調できないことが多い。
  2. DREAMのAMモード受信をすれば、DX戦闘力がアップする。特に選択度の可変機能はすごい!

以上、DEGEN DE1103DRMを高性能DXマシーンにする!のご紹介でした。パソコンとセットで使えば、かなりのDXマシーンになることがお分かり頂けたかと思います。DX受信に疲れたときなど、気分転換にこのような受信で刺激を受けるのもいいかなと思いました。DEGEN DE1103DRMをお持ちの方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。



↑このページのトップヘ