MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCLアンテナ・周辺機器等設備

こんにちは!Mac-BCL777です。

今回はアマチュア無線用のアンテナ、コメットCHV-5αとBCL用のアンテナ、ΔLOOP9+との比較の第二弾ということで、ローバンドの短波局の受信で比較してみました。結果はといいますと、ΔLOOP9+の圧勝でした。やっぱりCHV-5αはアクティブアンテナのΔLOOP9+に比べるとゲインが低く、ノイズに弱い感じで、ローバンドでの利用にはあまり向いていないことがわかりました。でもCHV-5αもハイバンドでは結構頑張って受信してくれますので、聴き比べて良い方でBCLをしていきたいなと思いました。




こんにちは!Mac-BCL777です。

IC-7300の安定化電源をノイズの少ないトランス式に交換しましたので、IC-7300で使っているアンテナの受信比較をしてみました。最初に言っておきますが、短波帯全域において、基本的に我が家の受信環境では、ΔLOOP9+が最高にいい状態で受信できます。ですが、15MHz以上のハイバンドではアマチュア無線用のアンテナ、コメットのCHV-5αがΔLOOP9+よりも良い時がありますので、その時の受信動画を上げます。

正直、我が家の受信環境ではコメットのCHV-5αでは、ゲイン不足、ノイズに弱いということで、BCLのメインアンテナとはなりませんが、ハイバンドで条件が揃えば、CHV-5αの方が信号は弱いですが、ローノイズで綺麗に聞こえることがあります。今回アップした動画は、そのCHV-5αの方が良かった時の受信動画です。ハイバンドの場合、ΔLOOP9+のハイゲインな性能が逆にのノイジーに聞こえることもあるということです。私の受信環境では、やっぱりBCLはΔLOOP9+がメインアンテナになりますね。

では、CHV-5αが良かったときの受信動画です。




こんにちは!Mac-BCL777です。

今まで使っていたBCL用のヘッドフォンですが、パッド部分がボロボロになってきたので、新しいものに買い替えました。前回同様、オーディオテクニカのものにしました。ATH-AVC200というヘッドフォンです。Amazonで1,500円(税込、送料込)でした。激安でしたが、音はまずまずで聴きやすいヘッドフォンでした。今までは無線LAN接続の無線ヘッドフォンをしていたのですが、コードがないのは良かったのですが、微かにノイズが乗るので、その点が気になっていました。その前に使っていたSONYの無線LANヘッドフォンが一番良かったのですが、とても高額でしたので、BCLで使う分には勿体無い感じでしたので、今回はワイヤードにしました。できればコードが変更できるものだったら良かったですが、まあまあの音でしたので、満足しています。

20220503_182955

20220503_183301



こんにちは!Mac-BCL777です。

私は以前ALA-1530、ALA-1530S+を合計3基使ってきました。つまりは3〜4年に一度故障して買い替えてきたわけです。でも6万円ほどする高価なアンテナですので、3基目が壊れたときに、4基目を購入しようとは思えませんでした。受信用アンテナで、高価な製品にも関わらず5年持たないなんて、ちょっとありえませんね。ということで、それ以降、ΔLOOP9+をメインアンテナで使っています。ΔLOOP9+はいいアンテナですよ。全然壊れませんし、感度も十分。このまま使い続けたいと思っています。他の人のALA-1530は壊れていないようなので、私の運が悪いのかもしれませんけどね。

F931A314-E4F6-4134-95C9-98638E9F5B2B



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、ΔLOOP9+のチューニングボックスを格納していたタッパーが経年劣化で亀裂が入っていたと記事に書きました。これはいけないということで、昨日、タッパーを交換しました。作業的には30分ぐらいでした。これで2年くらい持つでしょう。本来は、しっかりとした防水のボックスにすべきかと思いますが、100均で手軽に購入できるので、タッパーにしています。しばらくは安心して使えますね。性能は十分なアンテナのΔLOOP9+アンテナですが、やっぱり自作アンテナなので、色々と使うにはメンテナンスが必要ですね。ALA-1530S+とかは、野ざらしでもいいのですが、私との相性が悪いのか、3回故障しました。5万円以上もするアンテナですから、3回ということは15万円以上投資していたわけです。それに比べるとΔLOOP9+は自作アンテナですので、コストパフォーマンスはいいですね。

IMG 4736



↑このページのトップヘ