MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

iPhone

こんにちは!Mac-BCL777です。

4月30日の発売と同時に購入したAppleの紛失防止タグのAirTag。1つ目はカミさんの鍵に付けてみました。なかなか使い勝手は良好なので、私の分も追加購入することにしました。と言うことで、もう1つAirTagを購入。AirTagのカバーになるキーホルダーもBelkin製のものを購入しました。このAirTagは紛失すると困る「社員証」「IC定期券」を入れているパスケースにつける予定です。AirTagは売れているようで、20日頃の納品予定です。これで、もし紛失してもiPhone 12 miniで簡単に位置が確認できます。会社もセキュリティ対策がうるさいので、AirTagを付けておけば、安心できると思います。

AirTag



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨年の10月から愛用している、Apple製品(iPhone 12 mini、Apple Watch 6、AirPods Pro)3機種を一度に充電できる、PowerGiant社製の3 in 1 Wireless Charging Station (充電器)の使い心地について、動画をYouTubeにアップしました。簡単な紹介動画ですので、使い勝手が伝わればなあと思っています。ただ、この便利な充電器は、私はAmazonで購入したのですが、既に販売が終わっているようです。私が購入した時は、3,894円(税込)でした。今は後期機種が販売されているようです。ですので興味がある方は、Amazonの検索窓で「PowerGiant ワイヤレス充電」とかで検索すると出てくると思います。と言うことで、時間がある方はYouTube動画を見てやって下さい。3,000円台で購入できる充電器、便利ですよ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

最近、YouTube動画を作ろうと思いまして、手軽な機材ということで、iPhone 12 miniのLightning端子に接続できるマイクを購入しました。10分程度の動画を私のナレーション入りで、このマイクを使って作ってみました。やっぱり動画でしゃべるって難しいですね。マイクを付ける位置で声の大きさが変わるので、動画編集アプリで音量調整とか・・、結構勉強になりました。今月21日ごろに、予約していたiPad Proが届くので、今、MacBook Airなのに、iPad用の動画編集アプリ「Luma Fusion」で編集しているんですが、Macだとうまく動作しない部分もあって、ちょっと苦戦しています。でも購入したマイクは、安い割に使いやすいと思います。本当はオリンパスのデジタル一眼で動画を撮りたいのですが、外部マイク端子がないので、仕方なくiPhone 12 mini使ってます。まあまあ良い買い物だったと思います。動画撮るんだったらiPhone 12 mini、128GBではなくて256GB購入しておけばよかったなあ・・。

というわけで、開封の儀です。パッケージはこんな感じ。海外製です。

IMG 4842

IMG 4843

箱から出してみると、保証書もなく、マイク本体の入った巾着袋だけです。

IMG 4844

マイクです。服とかに挟んでマイクをつけられます。

IMG 4845

IMG 4846

私が購入したのはAmazonです。税込、送料込みで1,680円でした。興味がある方は、以下のリンクからどうぞ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleが発売した持ち物の場所を探せる製品「AirTag」が発売日の昨日、家に届きました。購入したのは「AirTag」本体とbelkinの「キーホルダーカバー」です。早速、開封してみました。

パッケージはこんな感じ。AirTagは3800円、キーホルダーは1580円でした。

IMG 4797

AirTagの内容物です。取説と本体のみ。シンプルな内容です。ボタン電池の交換式でAppleによると1年持つそうです。ボタン電池はCR2032です。

IMG 4798

IMG 4799

AirTag本体のビニールシートを引き抜くと、電池から電源が供給されますので、iPhoneの近くに近づけると、接続するかどうかiPhoneの画面の表示されます。「接続」をタップしてiPhoneとペアリングします。

IMG 4800

次の画面で、AirTagに名称を設定します。今回は鍵をつける予定ですので、「鍵」を選択して「続ける」をタップします。

IMG 4801

AirTagを関連づけるApple IDと電話番号(画面は個人情報なのでマスキングしています。)が表示されますので、正しければ「続ける」をタップします。それで、iPhoneとのペアリングは完了です。これでAirTagが使えるようになります。

IMG 4802

AirTagをキーホルダーに取り付けます。

IMG 4805

IMG 4806

実際に「探す」アプリで探してみると、以下のような感じで画面表示されます。距離や方角の矢印(このスクショでは矢印は出ていませんが)も表示されます。近づいてきたら、スピーカーボタンをタップすると、AirTagが音を鳴らしてくれます。

IMG 4807

鍵の近くに来ると、以下のような画面になりますので、鍵が見つけられるという感じです。

IMG 4808

ざっくりとこんな感じですが、自分の位置から遠いところの場合は、地図が出るようですので、そこに向かって移動すれば、良いというわけです。自分の大事なものにAirTagを取り付けておけば、どこにあるのかiPhoneでわかりますので、便利ですね。ちょっとお値段はしますが、鍵以外に、例えば社員証カードなど失くすと困るものに付けておくと良いかもしれません。



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日、Appleから公開された「iOS 14.5」と「Watch OS 7.4」のアップデートを適用することで、私のiPhone 12 miniのロック解除がマスクを着けた顔でも可能になりました。マスクを着けた状態でもFace IDによるロック解除が可能になったのは、とても便利です。ただし、自分の腕にApple Watchをつけていることが前提です。Apple Watchを持っていない方は、マスクを着けたままのFace IDのロック解除はできません。また、ロック解除ができるiPhoneは、Face IDが搭載されたiPhone X以降の端末になります。

では、まず自分の持っているiPhone 12 miniをiOS 14.5にアップデートします。設定アプリの「一般」ー「ソフトウェアアップデート」から行います。ファイルサイズを見ていただくとわかりますが、マスクをしたままでのロック解除以外にも、AirTagへの対応など他の機能も追加されていますので、1.21GBと大きいファイルサイズです。アップデートが完了するまでに約30分ほどかかりました。iPhoneのバックアップの時間も必要ですので、時間に余裕がある時に行った方が良いと思います。

IMG 0001

iPhoneの再起動がかかります。設定アプリで確認すると、以下の画面になります。

IMG 0002

次はApple Watchのアップデートです。Watch OS 7.4にアップデートします。iPhoneの中にある「Watch」アプリを起動します。その中の「一般」ー「ソフトウェア・アップデート」に入り、アップデートを行います。

IMG 0003

Apple Watchのアップデートが完了すると、「Watch」アプリ「一般」ー「ソフトウェア・アップデート」で確認すると、Watch OS 7.4が利用可能になりましたと表示されます。Apple Watchをアップデートする場合は、バッテリー残量が50%以上あり、充電ケーブルが接続された状態で行う必要があります。

IMG 0004

Apple Watchの画面にも、アップデート完了の画面が表示されます。

IMG 0005

iPhoneとApple WatchのOSのアップデートが完了すると、次はマスクをしたままでもiPhoneのFace IDが解除できるように設定する必要があります。設定アプリの「Face IDとパスコード」を開き、下にスクロールすると、「APPLE WATCHでロック解除」という項目がありますので、オンにします。

IMG 0006

マスクしたままでのロック解除をして良いか確認メッセージが表示されますので、「オン」をタップして完了です。これで、マスクをした状態でもApple Watchを着けていれば、iPhoneのロックが解除されます。

IMG 0007

実際に解除されると、Apple Watchの画面に「このApple Watchでロック解除されました」と通知が表示されます。

IMG 0008

早速、使ってみましたが、マスクをした状態でもちゃんとiPhone 12 miniのロックが解除できるようになりました。今後はコンビニなどお店でスマホ決済するときに便利になりますね。Apple Watchをお持ちの方でiPhone X以降をお持ちの方は、ぜひ使ってみてください。便利ですよ。



↑このページのトップヘ