MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

iPhone

こんにちは!Mac-BCL777です。

AppleがiPhoneとiPad向けに「iOS 14.4.2」をリリースしました。Appleによると、悪意を持って作成されたウェブコンテンツの処理によってユニバーサルクロスサイトスクリプティングが引き起こされる可能性があることへの対応とのことです。私も早速iPhone 12 miniに適用しました。結構、適用に時間がかかりましたので、時間があるときに、バックアップを取った上で適用するのが良いでしょう。こういうセキュリティ・アップデートも大切ですが、早くマスクした状態でもFace IDが解除できるアップデートをリリースして欲しいです。

IMG 4645



こんにちは!Mac-BCL777です。

HomePod miniを使い始めてから3日ですが、気づいたことがあります。それはAirPlayでのスピーカー接続にタイムラグがあるということです。特にYouTubeの動画再生の時ですが、既にAirPlayでのMacとの接続が終わっているにもかかわらず、数秒待たされてから動画が再生されます。今まで使っていたGoogle Home miniのBluetooth接続ではなかった現象です。まあ、3秒程度なんですけど、単なるワイヤレススピーカー連携でズレが起きるのは、あまり気持ちの良いものではありません。音質はGoogle Home miniより良いんですけどね。できることが、価格の安いGoogle Home mini方が多いというのも、ちょっと気になりますね。Apple製品との接続設定が楽なのは良いですが、快適だなと思うのは、その点だけです。Apple Musicのサブスク契約すれば、もう少し使える幅が増えるのかもしれませんが、今のところ、これはすごいと思う機能はありません。もう少し使い込んでみたいと思います。

IMG 4597



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、このブログでつぶやいていたと思いますが、HPのパソコンを購入したときにRakuten Rebetesでもらえた楽天ポイントで、AppleのHomePod miniをゲットしました。このHomePod miniですが、普通に楽天市場で購入できれば楽だったんですが、楽天市場では取り扱っているストアがなくて、全額楽天ポイントで購入したかったので、結局、楽天ポイントでお買い物ができるビックカメラの実店舗、難波店で購入してきました。ただ、楽天ポイントの使える上限が30,000ポイントまでらしかったので、HomePod miniは税込で11,880円ということで、めでたく全額楽天ポイントでHomePod miniをゲットすることができました。おまけに2.5%の楽天ポイントが付与されました。お得でした。

というわけで、開封の儀です。購入したのは、HomePod miniのスペースグレイモデルです。私にしては珍しいです。最初はホワイトにしようかと思いましたが、Google Home miniでホワイトを選んだのですが、結構汚れたので、目立たないスペースグレイにしました。

P3190014

蓋を開けたところです。いきなりHomePod miniの本体が現れました。Apple製品は、この蓋を開ける瞬間が楽しいですね。

P3190015

アップで撮影しました。スペースグレイと言いつつ、ほぼブラックですね。

P3190016

内容物は以下の通り。HomePod mini本体、20W USB-C電源アダプタ、取扱説明書と何に使うのか意味不明な(笑)アップルマークのシールです。

P3190017

20W USB-C電源アダプタです。Apple Storeで売られているアダプタと全く同じですね。iPhone 12シリーズでは、環境への配慮で電源アダプタは同梱されませんでしたが、なぜかHomePod miniは付属していますね。

P3190018

HomePod mini本体です。電源ケーブルもスペースグレイです。サイズはソフトボールの大きさぐらいです。思ったより小さい感じがしました。

P3190019

電源ケーブルは、直付けになっていて、取り外しはできません。できればUSB-C端子にして、取り外しができるケーブルにして欲しかったですね。ちょっと残念。

P3190020

電源ケーブルがスペースグレイなのに、20W USB-C電源アダプタはなぜかホワイト・・・。Appleらしくない、手抜き感というか、統一性がないですね。神は細部に宿るを実践しているはずのAppleらしくありません。まあ、あまり電源アダプタをみることはないですが、ちょっとカッコ悪いですね。ホワイトモデルを購入された方は、問題ないでしょう。

P3190021

電源ケーブルを20W USB-C電源アダプタに刺してみると、やっぱりカッコ悪いですね。Appleさん、なんとかしてくれ!

P3190022

HomePod miniには電源スイッチがありません。20W USB-C電源アダプタをコンセントに差し込むと電源が入り、天板が光ります。iPhoneを近づけるだけで、HomePod miniを検知して、設定画面が現れます。この辺の連携の良さは、Apple製品ならではですね。

P3190023

ここからは設定画面をお見せします。設定ボタンをタップして設定がスタートします。

IMG 4570

HomePod miniをどんな部屋に設置するかを聞いてきます。私はリビングで使うつもりなので、リビングルームを選択します。

IMG 4571

Apple Musicの申し込み画面が表示されます。私はApple Musicを使っていませんので、「今はしない」を選択しました。

IMG 4572

パーソナルリクエストを使うかどうかを聞いてきますので、どちらかを選択します。「使用する」を選択すると、iPhoneがHomePod miniの近くにあると、メッセージやリマインダーなどを利用できます。ですが、私は自分のiPhoneの情報を読み上げてほしくないので、「パーソナルリクエストを使用しない」を選択しました。

IMG 4573

利用規約について同意するのか確認してきますので、「同意する」を選択します。

IMG 4574

iPhoneのApple IDのアカウント情報を元に自動的に設定をされますので、「設定を転送」を選択します。すると、HomePod miniにApple IDに紐づいた情報、Wi-Fiの設定情報などが転送されます。この辺りはApple製品同士、便利ですね。

IMG 4575

iPhoneの画面の中にHomePod miniを入れなさいという画面が出ますので、指示に従います。

IMG 4576

Apple IDのアカウント情報やWi-Fi情報の設定が行われます。ただ、Wi-Fi設定情報については、基本的に自動で設定情報が引き継がれますが、ご自分のWi-FiルーターにMACアドレス制限をかけている場合は、Wi-Fi設定ができませんので、この後で、確認画面が出てきますので、HomePod miniのMACアドレスを確認し、Wi-FiルータのMACアドレス許可の設定をした上で、再度最初から設定を行う必要があります。私は制限していたので、再度初めから設定を行いました。

IMG 4577

設定が完了すると、こんにちは!画面が表示されます。あとは、画面の指示に従って終了です。

IMG 4580

以上で終了です。私のようにWi-FiにMACアドレス制限をかけていなければ、本当に簡単に終わると思います。

使用感ですが、今まで使っていたGoogle Home miniに比べて、低音の効いた迫力のある音が楽しめます。さすがApple、10,800円(税抜)とはいえ、手抜きのないいい音が楽しめます。ですが、現時点では「Hey, Siri」で呼び出せる音楽は、Apple Musicだけですので、Amazon Musicとか、YouTube Music、Radikoなどは呼び出せません。将来的にAppleは他の音楽サービスにも対応させるとは言っていますが、現時点では、他の音楽サービスは、iPhoneやMacで再生した音をHomePod miniに転送して楽しむしかありません。私もiPhoneやMacBook AirでAmazon Musicを再生して、HomePod miniにAirPlayで接続して楽しんでいます。早く他の音楽サービスにも対応してほしいと思います。また、HomePod miniは、AirPlayでの接続を基本としていますので、Apple製品しかワイヤレススピーカーとして使えません。AndroidスマホやWindowsパソコンからの接続は、できないと思った方がいいです。そもそもHomePod miniの設定には、iPhoneがないとできませんから。

他にもスマート家電の操作もできますが、GoogleやAmazon Alexaほど、多くの家電には対応していないですね。私は音楽を聞くことを目的に購入しましたので、特に不満はありませんが、家電の操作を目的とするなら、HomePod miniは購入しない方がいいと思います。

以上、短時間ですが、HomePod miniを使ってみた感想です。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Amazonをみていたら、Anker製のMagSafe充電ケーブルが安く販売されていましたので、購入してみました。さすがAmazon、夜に注文したのですが、翌日の午前中には届きました。なぜ買ったかというと、会社用にApple純正のMagSafe充電ケーブルを購入しましたが、価格は4,950円(税込)ととても高いです。今回は、自宅で充電しながらiPhone 12 miniが使えるようにということで、安価なAnker製のMagSafe充電ケーブルを購入してみました。価格はAmazonですが、私が購入したときは割引クーポンが使えましたので、2,541円(税込、送料込)でした。今は通常価格に戻っているようで、2,990円(税込、送料込)です。(2021/03/16現在)

というわけで、パッケージはこんな感じです。味気ないですね。今回はAmazonの配送業者が悪かったのか、箱の角が凹んでいました。まあ、ケーブルが使えればいいので、私は気になりません。のちに売却するわけでもありませんからね。

IMG 4549

内容物です。MagSafe充電ケーブルと取説だけです。USB-C端子になっていますが、持つところが大きいです。持ちやすいですが、ちょっと大きいかなって感じです。

IMG 4550

MagSafe充電ケーブルの裏面です。角が少し丸みがあるのが、Apple純正のケーブルとは違っています。「ANKER」というロゴが大きく入っています。

IMG 4551

使ってみて気が付きましたが、Apple純正のMagSafe充電ケーブルで充電すると、iPhoneの画面にMagSafeのアイコンで充電状況が表示されますが、このAnker製のケーブルは、アイコンは出ず、そのまま充電されます。充電できるからいいですけど、ちょっと残念かな。使い勝手はApple純正と変わりません。よく製品名をみてみると、MagSafeとは書いていませんね。Anker PowerWave Magnetic Padという製品名です。

Apple純正に拘らなければ、価格も安いのでいいと思います。私はラッキーなことに割引クーポンが使えましたので、2,409円も安く買えましたので、十分満足できました。今までは充電台に立てかけた状態で動かさないようにiPhone 12 miniを操作していましたが、このケーブルがあると、本体を持ちながら操作できるのでいいですね。出力は7.5Wなので、少し充電が遅いですが、便利だと思います。

いかに商品のリンクを貼っておきますので、興味がある方はどうぞ。







こんにちは!Mac-BCL777です。

皆さんは、自分のスケジュール管理やタスク管理などをどうやって管理していますか?私も色々と試してきましたが、なかなかいい方法が見つからなくて、今までに紙のスケジュール帳やスマホなどを試してきましたが、なかなかいい管理方法が見つけられませんでした。紙のスケジュール帳は手元に持っていれば、すぐにアクセスできるのですが、最初はこまめに記入していたりしたんですけど、そのうちめんどくさくなって、持ち歩かなくなったり、変更の記入が結構困ったりして、長続きしませんでした。で、iPhoneでの管理を試みましたが、スケジュール管理やタスク管理はiOS標準のアプリでは見づらくて、じゃあサードパーティのアプリとか探したんですが、今度は多機能なんですが、私には使いこなせなくなったり、月額や年額課金で維持費がかかるので、もったいないなあと思ったりして、長続きしませんでした。スマホはいつも持ち歩いているので、私の場合はスマホで管理するのがいいかなと思っているのですが、アプリだといちいち起動しないといけないので、それもめんどくさい。ではどうしたものかと思ったら、iOS14からウィジットがホーム画面に表示できるようになったので、ウィジットで表示できて、シンプルな操作でスケジュールやタスクが確認できるようになって、やっと落ち着いた感じになりました。

ということで、今の私のiPhone 12 miniのホーム画面です。一週間のスケジュールとやらないといけないタスク、思いついたメモなどをホーム画面に表示できるようにしました。簡単なことしかできませんが、操作が単純でないと、私の場合は続かないんですよね。

IMG 4520

使っているウィジットですが、一番上に表示されている一週間のカレンダーは、WidgetCalenderというサードパーティの有料ソフトです。有料ですが、買い切りの250円と安かったので、このアプリにしました。サブスクの多機能なアプリは、維持費もずっとかかるし、私には使いこなせませんでしたので、これがいいかなと思って使っています。表示は「当日表示」「一週間表示」「一ヶ月表示」から選べます。欠点は次週のスケジュールが見たいときに、ウィジットでは週を進めることができません。また、入力もアプリが起動してから、追加のタップをしてからの入力になるので、結構手間なんですが、買い切りなことと、見ることが私にとっては優先だったので、このアプリで落ち着いています。スケジュールの入力は、別のアプリのYahooカレンダーを使っています。このアプリは無料なんですが、スケジュールの入力が簡単でいいのと、翌月とか前月のスケジュール確認で簡単に切り替えできるので、ホーム画面のウィジットアプリの補完として使っています。この二つのアプリでまあまあ便利になった感じです。

2番目に表示されているタスク管理のウィジットですが、ToDoアプリでいいものが見つからなくて、というか買い切りでも価格が高かったことと、サブスクばかりだったので、とりあえずiOS標準のリマインダーアプリをウィジット表示させて使っています。私の場合、必要なタスクが単純に確認できればいいので、iOS標準のリマインダーで十分かなということで使っています。

右下に表示しているウィジットはiOS標準のメモです。私は、思いついたことを忘れないように、iPhoneのメモに記録する習慣がありますので、メモのウィジットを表示しています。

ということで、ここ数ヶ月はこの表示で落ち着いています。私はどうも紙のスケジュール帳は合わないようですので、iPhoneで一元管理しています。



↑このページのトップヘ