MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCLその他

こんにちは!Mac-BCL777です。

ここ最近というか、私の自宅のノイズレベルが高いので、全然聴こえていなかった5020kHz Solomon Islands BCが、久しぶりに聴こえました。昨日はかなり空電ノイズがあったのですが、しっかりと音になっていました。毎日聞こえたら嬉しいですが、聴こえたり、聴こえなかったりがあるのがBCLの楽しいところですね。これからも聴こえてほしいですね。

20220903_184355



こんにちは!Mac-BCL777です。

毎度のことながら、今年も購入してしまいました、ラジオマニア2022。毎年内容は同じような感じなんですけどね。ただ、この本はBCL向けというより、ラジオを聴くのが好きな人向けの本ですので、ハードウェア寄りのマニア本ではないところが、私はいいと思っています。今回面白い感じがしたのが、AIノイズキャンセリングの実験記事でしょうか。ラジオのノイズが消えたら嬉しいですよね。記事ではIC-R8600とWindowsパソコンで実験していましたが、私もIC-7300で試してみたいなあと思いました。私はAmazonで1650円で購入しました。興味がある方は以下のリンクからどうぞ。

20220902_183432





こんにちは!Mac-BCL777です。

Amazonで予約していた「令和版 新BCLマニュアル」が届きました。内容は昔の記事の焼き直しばかりで、全く面白味がありませんね。これで2,860円とは、ちょっと信じられませんね。まあ、面白いかは人によると思いますが、ちょっと酷い内容だと思います。私は次は買わないと思います。出版されたらの話ですが。

20220830_174717

一応、Amazonのリンクを貼っておきます。興味があr方はどうぞ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

今回も電子工作マガジン8月号別冊の「新・BCLマニュアル」をAmazonで予約しました。8月30日発売予定らしいです。内容はそんなに前回のものとは変わらないと思いますが、まあ、BCLの本と言われると、内容に関係なく購入したくなりますよね。価格は2,860円と、決して安くはありませんというか高いと思います。購入するか迷いましたが、ポチりました。到着が楽しみです。気長に待ちます。

BCLマニュアル

とりあえず興味のある方は、以下のリンクよりどうぞ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

BCLにとって、SINPOコードは受信報告書やログに記録を残すのに大切な情報ですよね。ただ、私はSINPOコードのSが難しいなあと思っています。下の写真は、FRG-7700のSメーターです。

20220803_203016

SメーターでのSINPOコードのSの付け方が表示されていますね。例えば、S9+20dB以上がSが5とか。私もFRG-7700のSメーターを見て、Sの付け方の参考にしてきました。ほとんどの場合、FRG-7700のSメーターの振れって、当たっていると思います。

ただ、短波放送って面白くて、Sメーターが全然振れていなくても、ノイズが少なければ、とても良く聞こえることがあるんですよね。特にハイバンドの放送が多いんですけど、SメーターがS=2くらいの振れでも、ノイズが少ない場合、とても良く聞こえていて、耳Sがアリだとすれば、Sメーターが振れていなくても、SINPOのSは4をつけたくなるくらい綺麗にはっきりと聞こえることがあります。なので、そういうときは、自分の耳での聞こえ具合で私はつけるようにしていますね。Sメーターの振れが絶対ではないということです。迷う理由は、SINPOコードの中に了解度を評価する項目がないのがいけないと思うんですよね。まあ、趣味の世界ですから、そこまで正確につける必要もないんでしょうけど、私はSメーターの振れよりも、耳Sを優先しています。皆さんは、どうしているのかな・・。



↑このページのトップヘ