MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

F1

こんにちは!Mac-BCL777です。

F1 第5戦 モナコGPの予選が、昨日行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがポール・ポジションを獲得しました。ですが、最後の予選アタックでミスして、コースバリアに接触、マシンをかなり壊してしまいました。この後を走行していたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが第1セクター全体ベストタイムで走行していたが、このクラッシュで、赤旗中断、そのままシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得しました。今期初のポール・ポジションでしたが、マシンはかなり壊れてしまいましたので、今日の決勝レースがどうなるのか注目されます。

個人的には、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに優勝してもらいたいと思っています。というのは、今回のモナコGPでは、メルセデスのルイス・ハミルトンが予選7位と低迷していますので、ポイント差を縮めるチャンスですからね。チャンピオンシップを面白くするためにも、マックス・フェルスタッペンには頑張って欲しいと思っています。

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
116シャルル・ルクレールフェラーリ1分11秒1131分10秒5971分10秒346
233マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1分11秒1241分10秒6501分10秒576
377バルテリ・ボッタスメルセデス1分10秒9381分10秒6951分10秒601
455カルロス・サインツフェラーリ1分11秒3241分10秒8061分10秒611
54ランド・ノリスマクラーレン1分11秒3211分11秒0311分10秒620
610ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ1分11秒5601分11秒1791分10秒900
744ルイス・ハミルトンメルセデス1分11秒6221分11秒1161分11秒095
85セバスチャン・ベッテルアストンマーティン1分12秒0781分11秒3091分11秒419
911セルジオ・ペレスレッドブル・ホンダ1分11秒6441分11秒0191分11秒573
1099アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分11秒6581分11秒4091分11秒779
1131エステバン・オコンアルピーヌ1分11秒7401分11秒486 
123ダニエル・リカルドマクラーレン1分11秒7471分11秒598 
1318ランス・ストロールアストンマーティン1分11秒9791分11秒600 
147キミ・ライコネンアルファロメオ1分11秒8991分11秒642 
1563ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分12秒0161分11秒830 
1626角田裕毅アルファタウリ・ホンダ1分12秒096  
1714フェルナンド・アロンソアルピーヌ1分12秒205  
186ニコラス・ラティフィウィリアムズ1分12秒336  
199ニキータ・マゼピンハース1分12秒958  
 47ミック・シューマッハハース   



こんにちは!Mac-BCL777です。

2021年 F1 第4戦 F1スペインGPの決勝レースが、5月9日(土)にバルセロナのカタルニア・サーキットで行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季3勝目を挙げました。

ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンは、スタートでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に先行を許してしまう。しかし、その後、1回目のタイヤ交換後、トップのマックス・フェルスタッペンにせまるが、DRSを使ってもなかなか抜けず、43周目に2ストップに戦略を変更し、フレッシュなミディアムタイヤに交換し、1周2秒近くマックス・フェルスタッペンに迫り、60周目にオーバーテイクし、そのまま優勝しました。マックス・フェルスタッペンは、ミディアムタイヤの残りがなかったため、そのまま走り続けるしかなく、ルイス・ハミルトンに対抗するだけのタイヤがなかった。結局、ダメージを最小限ということで、61周目にソフトタイヤに履き替え、ファステストラップポイントの1ポイントを取りに行くのが精一杯だった。見事なスタートを決めたマックス・フェルスタッペンだったが、タイヤ戦略でルイス・ハミルトンに敗れました。

順位NoドライバーチームGAPINTPIT
144ルイス・ハミルトンメルセデスLAP662
233マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ15.84115.8412
377バルテリ・ボッタスメルセデス26.61010.7682
416シャルル・ルクレールフェラーリ54.61628.0062
511セルジオ・ペレスレッドブル・ホンダ63.6719.0552
63ダニエル・リカルドマクラーレン73.76810.0972
755カルロス・サインツフェラーリ74.6700.9022
84ランド・ノリスマクラーレン1L32.2622
931エステバン・オコンアルピーヌ1L13.9761
1010ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ1L0.1902
1118ランス・ストロールアストンマーティン1L5.2362
127キミ・ライコネンアルファロメオ1L1.1591
135セバスチャン・ベッテルアストンマーティン1L4.2202
1463ジョージ・ラッセルウィリアムズ1L9.4062
1599アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1L1.7142
166ニコラス・ラティフィウィリアムズ1L9.7064
1714フェルナンド・アロンソアルピーヌ1L0.3222
1847ミック・シューマッハハース2L14.5532
199ニキータ・マゼピンハース2L49.8622
リタイヤ26角田裕毅アルファタウリ・ホンダ  0



こんにちは!Mac-BCL777です。

2021年 F1 第4戦 F1スペインGPの予選が、5月8日(土)にバルセロナのカタルニア・サーキットで行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが通算100回目となるポール・ポジションを獲得しました。2番手には0.036秒の僅差でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、3番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)、4番手にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が続きました。日本人ドライバーの角田裕毅は、Q1でジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)に0.007秒差で敗れてノックアウトとなり16番手でした。

それにしても、今年は予選でメルセデスとレッドブル・ホンダが僅差なので、見ていておもしろいです。決勝レースは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの活躍に期待しています。

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分18秒2451分17秒1661分16秒741
233マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1分18秒0901分16秒9221分16秒777
377バルテリ・ボッタスメルセデス1分18秒0051分17秒1421分16秒873
416シャルル・ルクレールフェラーリ1分18秒0411分17秒7171分17秒510
531エステバン・オコンアルピーヌ1分18秒2811分17秒7431分17秒580
655カルロス・サインツフェラーリ1分18秒2051分17秒6561分17秒620
73ダニエル・リカルドマクラーレン1分18秒2641分17秒7191分17秒622
811セルジオ・ペレスレッドブル・ホンダ1分18秒2031分17秒6691分17秒701
94ランド・ノリスマクラーレン1分17秒8211分17秒6961分18秒010
1014フェルナンド・アロンソアルピーヌ1分18秒2811分17秒9661分18秒147
1118ランス・ストロールアストンマーティン1分18秒2411分17秒974 
1210ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ1分18秒1901分17秒982 
135セバスチャン・ベッテルアストンマーティン1分18秒2891分18秒079 
1499アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分18秒5491分18秒356 
1563ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分18秒4451分19秒154 
1626角田裕毅アルファタウリ・ホンダ1分18秒556  
177キミ・ライコネンアルファロメオ1分18秒917  
1847ミック・シューマッハハース1分19秒117  
196ニコラス・ラティフィウィリアムズ1分19秒219  
209ニキータ・マゼピンハース1分19秒807  



こんにちは!Mac-BCL777です。

2021年 F1 第3戦 F1ポルトガルGPの決勝レースが、5月2日(日)にポルトガルのアルガルベ・サーキットで開催され、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝しました。2位はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3位にはバルデリ・ボッタス(メルセデス)が続きました。

キミ・ライコネン(アルファロメオ)に事故による1回目のセーフティーカーの直後、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを抜き、一時的に2位になりましたが、ルイス・ハミルトンがDRSを使って、再び2位になり、その後トップのバルデリ・ボッタスも抜いてトップに。そのまま一度もトップを譲ることなく、ルイス・ハミルトンが優勝しました。

最終週に2位だったマックス・フェルスタッペンが、3位と差があったため、1ポイント稼ごうと、ソフトタイヤに交換してファステストラップポイントを取りに行きましたが、タイムは更新しましたが、トラックリミットを超えてタイムを更新したため、結局、出したファステストラップは取り消しになってしまいました。

今年は、メルセデスとレッドブル・ホンダの実力差が近いので、見ていてレースが面白いですね。次は1週間後のスペインGPです。今度はレッドブル・ホンダの反撃が見たいものです。

順位NoドライバーチームGAPINTPIT
144ルイス・ハミルトンメルセデスLAP663
233マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ29.14829.1484
377バルテリ・ボッタスメルセデス33.5304.3824
411セルジオ・ペレスレッドブル・ホンダ39.7356.2053
54ランド・ノリスマクラーレン51.36911.6343
616シャルル・ルクレールフェラーリ55.7814.4123
731エステバン・オコンアルピーヌ63.7497.9683
814フェルナンド・アロンソアルピーヌ75.3691.0593
93ダニエル・リカルドマクラーレン76.46310.5613
1010ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ78.9551.0943
1155カルロス・サインツフェラーリ1L2.4923
1299アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1L7.3743
1318ランス・ストロールアストンマーティン1L5.2663
145セバスチャン・ベッテルアストンマーティン1L0.7063
1526角田裕毅アルファタウリ・ホンダ1L16.2023
1663ジョージ・ラッセルウィリアムズ1L42.8273
1747ミック・シューマッハハース2L24.0883
186ニコラス・ラティフィウィリアムズ2L3.0693
199ニキータ・マゼピンハース2L64.4344
DNF7キミ・ライコネンアルファロメオ  0



こんにちは!Mac-BCL777です。

2021年 F1 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが、4月18日(日)にイタリアのイモラ・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝しました。雨で荒れたレースとなり、セーフティーカーや、赤旗中断があったレースで、しかもメルセデスのルイス・ハミルトンがミスをして、一時9位まで順位を下げ、マックス・フェルスタッペンがポイントランキングでトップに立つかと思われましたが、赤旗中断のおかげでタイム差がなくなり、ルイス・ハミルトンは結局2位になりましたので、ファステストラップポイントも獲得したため、ドライバーズランキングはルイス・ハミルトンがトップを守りました。やっぱり王者ハミルトンは、何かを持っていますね。でも、ハミルトンとフェルスタッペンのポイント差は1ポイント、まだ21戦残っていますので、今後のレースが楽しみです。

順位NoドライバーチームGAPINTPIT
133マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダLAP632
244ルイス・ハミルトンメルセデス22.00022.0004
34ランド・ノリスマクラーレン23.7021.7022
416シャルル・ルクレールフェラーリ25.5791.8772
555カルロス・サインツフェラーリ27.0361.4572
63ダニエル・リカルドマクラーレン51.22024.1842
718ランス・ストロールアストンマーティン51.9090.6893
810ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ52.8180.9094
97キミ・ライコネンアルファロメオ64.77311.9553
1031エステバン・オコンアルピーヌ65.7040.9315
1114フェルナンド・アロンソアルピーヌ66.5610.8573
1211セルジオ・ペレスレッドブル・ホンダ67.1510.5902
1326角田裕毅アルファタウリ・ホンダ73.1846.0333
1499アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1L17.4494
155セバスチャン・ベッテルアストンマーティン1L 6
1647ミック・シューマッハハース2L68.2964
179ニキータ・マゼピンハース2L68.2284
DNF77バルテリ・ボッタスメルセデス  1
DNF63ジョージ・ラッセルウィリアムズ  1
DNF6ニコラス・ラティフィウィリアムズ  0



↑このページのトップヘ