MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

デジカメ

こんにちは!Mac-BCL777です。

手元に届くまで2ヶ月もかかったマイクロフォーサーズの人気レンズ「Panasonic LEICA DG SUMMILUX 9mm / F1.7 ASPH.」ですが、メーカーのサイトでは、最短撮影距離0.095m、最大撮影倍率0.25倍(35mm判換算:0.5倍)のハーフマクロ撮影が可能と書いてありましたので、実際にどのくらい接写ができるのか、試してみました。詳しくは以下の動画を見ていただければと思いますが、レンズ先端から10cm、5cm、1cm、0cm(密着)の4つの距離でうまく撮影できるかを試してみました。メーカーの発表通り、全ての距離で、ピントが合って、綺麗に撮影できていました。素晴らしいレンズだと思います。価格もライカブランドにしてはかなり安い価格設定ですから、人気が出るのも同然でしょう。1本持っておいて損はしないと思います。



興味がある方は、以下のリンクからどうぞ。







こんにちは!Mac-BCL777です。

私の使っているマイクロフォーサーズマウントのLumix G100で使える超広角単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 9mm / F1.7 ASPH.」を購入しました。今までマイクロフォーサーズマウントのレンズで、超広角域はズームレンズしかなく、明るいレンズが販売されていませんでしたので、待望の超広角単焦点レンズとなります。2022年6月23日に発売されたレンズで、私はレビューを確認してから購入しようと思い、7月頭に発注しました。そしたら、とても売れているのか、在庫がどのお店にもなく、手元に届くまで約2ヶ月待ちました。人気レンズなんですね。というわけで、開封レビューと簡単な作例を動画にしました。

詳しくは動画で見ていただきたいですが、とりあえずパッケージはこんな感じでした。Lumixらしいデザインの箱です。

20220828_110136

内容物は、レンズフード、レンズ本体、取扱説明書、保証書でした。パナソニックはレンズフードをつけてくれるので親切ですね。ただ、レンズケースは付属していませんでした。

20220828_110222

合わせてレンズプロテクターも購入しておきました。

20220828_110248

コンパクトなカメラ、Lumix G100にはピッタリのレンズです。手軽に持ち運びできますね。

20220828_110427

では、詳しくは以下のYouTube動画でご確認ください。



私は安心のマップカメラ楽天市場店で購入しました。楽天ポイントアゲアゲ倍率時に購入しましたので、かなりポイント還元がありました。




レンズプロテクターはハクバの製品を購入しました。興味のある方は以下のリンクからどうぞ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

ドライボックス

5月に購入したカメラのレンズなどを保管するサンワサプライの防湿庫 。特に問題なく動作しているのですが、気になる点が一点ありました。それは温度表示が華氏温度での表示だったんです。取扱説明書を見ても、保管する湿度の設定方法は記載されていますが、温度表示を華氏温度、摂氏温度の表示の切り替え方法が記載されていません。製品の温度表示のLEDの隣は、華氏温度の単位記号と摂氏温度の単位記号がありますので、摂氏温度表示にできるはずです。Webで検索しても情報がなかったので、サンワサプライのお客様サポートにメールで問い合わせました。すると30分ほどで返信があり、「この度は取扱説明書の記載が不十分で申し訳ありません。ライトボタンを2秒以上押すと摂氏温度に切り替えられますので、ご確認ください。取扱説明書の作成部署には、この件について追記するように連絡いたします」と丁寧な返信がありました。どこぞの○ONYとは全く対応が違います。これが普通の対応ですね。

というわけで早速試してみました。

設定前の表示。温度のLEDが「91」と表示されています。これだと何のこっちゃという表示で、意味がありません。

20220727_165914

ライトキーを2秒以上押した結果、ちゃんと摂氏温度で「33」と表示されるようになりました。

20220727_165904

ということで、気になっていた問題は解決されました。でも、日本向け製品でありながら、デフォルト表示が華氏温度は、ちょっと不思議な気がします。製品自体には満足しています。

興味がある方は、以下に私が購入したAmazonのリンクを貼っておきますので、そちらからどうぞ。ちなみに私が購入したのは、容量30リットルタイプです。




こんにちは!Mac-BCL777です。

小型ミラーレス一眼カメラ「Lumix G100」を使い始めて2ヶ月が経ちます。なので、2ヶ月使った感想を書きたいと思います。

G100

前に使っていたオリンパスのOM-D10 Mark3より、少し軽いだけなんですが、Lumix G100の方が、私には使いやすいと感じています。
 長所、使いやすいところ
  • 軽さはOM-D10 Mark 3と同じくらいだが、Lumix G100の方がグリップが持ちやすいところ
  • 付属のキットレンズなら、とても小さく、コンデジ並みの大きさなので、カバンに簡単に入れられます。
  • メニューの操作感がサクサクしているところ、動作がもっさりしていないので、ストレスがない
  • VLOGカメラと言いながら、静止画カメラもよく写るところ
  • この大きさのカメラでありながら、外部マイク端子がついているところ。これ、私には大事なところです。
  • OZOオーディオというマイクの機能が便利なところ、外部マイクがなくても結構使えます
  • 録画ボタンが大きいところ、録画中であることがわかるモニターに赤枠表示が出るところ

 短所、使っていて気になるところ
  • スマホアプリ「Lumix Sync」が使いにくいところ。接続が失敗する。
  • バッテリー持ちがかなり悪いところ。動画を撮影しているとすぐになくなります。
  • 4K撮影時のクロップが大きいところ。
  • 動画撮影に時間制限があるところ。多分、熱に弱いからだと思います。
  • 手ぶれ補正が弱いところ
上記のような感じでしょうか。概ね満足しています。確かにもっと性能の良いカメラはあると思いますが、私にとっては小さく軽いことが最優先事項ですので、Lumix G100以外にあったカメラはないと思っています。今のところ。最初はLumix G9Proもいいなあと思いましたが、確かに性能はいいのですが、大きいし、重さが300g以上違うんですよね。なので、Lumix G100を選択したのですが、使ってみて正解でした。

以上、2ヶ月使ってみた感想です。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今、Lumix G100で使っているカメラのレンズは合計3本です。あと、現在発注中のレンズが1本ありますが、いつ届くかは分かりません。マイクロフォーサーズの利用者ってそんなに多いのかなと、ちょっとびっくりしているところです。3ヶ月くらいでくればいいかなと思って待っています。

というわけで、現在使っているレンズは以下のレンズです。
  • LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. (標準ズームレンズ)小型軽量なので、外出時に一番持ち出しているレンズ。以下の写真を見てもお分かりだと思いますが、カメラ本体とレンズを入れても重さが415gしかありません。一眼カメラとしてはとても軽いと思います。


  • 20220720_160132

  • LUMIX G X VARIO 12-35mm / F2.8 II ASPH.(標準ズームレンズ)上記のキットレンズは、小型軽量なのは良いのですが、暗くて解像感が少し弱いレンズなんですよね。なので、明るく多少暗いところでもシャッターが切れる標準ズームレンズです。今、一番使っています。レンズが少し重くて305gありますので、カメラ本体と合わせると620gになってしまいます。軽いレンズだったら、綺麗に写る最高のレンズなんですけどね。


  • 20220720_160041

  • LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH.(望遠ズームレンズ)遠くのものを引き寄せて撮影したい時に使っています。フルサイズ換算で90〜350mmでズームできます。電動ズームなので、動画撮影に便利です。重さが210gと、望遠レンズにしては軽いので気に入っています。


  • 20220720_160245

マイクロフォーサーズカメラの良いところは、レンズが軽いということ。カメラ本体の方がレンズより重いことが多いので、変に持ち手に力がかからないのがいいですね。フルサイズのカメラだと、本体よりレンズの方が重たいので、持ったときにテコの原理で外側に向けて力が必要なので、私にはバランスが悪く感じます。この点が私がマイクロフォーサーズを選んでいる理由ですが、単にお金がないと言うのが一番の理由です(笑)。

今発注中の超広角単焦点レンズがくれば、一応、全ての守備範囲が揃うことになりますね。早くくればいいですね。



↑このページのトップヘ