MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Apple Watch

こんにちは!Mac-BCL777です。

先日も記事に書いたのですが、Apple Watchをずっと着けていると、季節柄なのか、手首がかぶれて来ました。じゃあということで、右腕に着け替えたのですが、今度は右腕もかぶれてきました。多分、毎日のジョギングで汗をかいたり、寝ている時に汗をかいたりしているので、今Apple Watchに装着しているレザー製のバンドが良くなのかなと思いまして、購入時に付いていたスポーツバンドに戻してみました。これで、かぶれが治れば良いんですけどね。

と言うことで、交換前です。お気に入りにレザー製のApple純正バンドです。

DF5AE28E-3A88-4BA9-A796-2B42B668A387

それを購入時に付いていた元のスポーツバンドに戻しました。

B9FC9B21-BA41-4148-A28A-74B70FD0C4C1

さて、かぶれが治るでしょうか・・・。しばらく様子を見ます。新しいバンド探そうかな(笑)。



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨年、Apple Watch 6を購入しまして、運動の管理や健康ログが取れるので、お風呂と充電のとき以外は、ずっと腕にApple Watchを着けていました。それが悪かったのか、Apple純正の皮のバンドに変えてからですが、左腕のApple Watchと接するところがかぶれてしまいました。ずっと着けているので、汗とかで負けたんでしょう。と言うことで、しばらくかぶれが取れるまで、右腕にApple Watchを着けることにしました。ですが、いつもの腕にApple Watchがないので、いろいろと違和感というか、使いにくいですね。しばらく慣れるまで不便そうです。まあ、左腕のかぶれも3日もすれば治ると思っていますが・・・。次に左腕にApple Watchを着けるときは、バンドを緩めに装着しようと思います。

DD52FC55-D6C0-429B-898B-548747CE4023



こんにちは!Mac-BCL777です。

毎日、2時間ジョギングしています。で、Apple Watchのワークアウト機能を使っています。ジョギングしていると、1km毎にスプリットタイムを教えてくれるんですが、その教えてくれたスプリットタイムと、最終的にApple Watchに記録されるタイムに数秒の誤差が出るんですよね。機械的に記録できるはずなのに、差が出るなは何ともお粗末な感じです。大体3〜5秒Apple Watchに記録されるタイムが、スプリットタイムより遅く記録されます。アプリで制御しているんですから、ちゃんと同じタイムで記録して欲しいですね。何となく気持ち悪いです。

ということで実際の画面で下記のようになります。今回は3秒違います。
  • スプリットタイムの表示。平均ペースと出ていますが、実際は違います。
  • IMG 4918

  • Apple Watchの記録
  • IMG 4919


何にしても、気持ち悪いので、ちゃんとしたタイムで記録してほしいです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先週、Watch OS 7.4のアップデートが来たと思ったら、今週、早速Watch OS 7.4.1のアップデートの通知が来ました。セキュリティのアップデートみたいですが、とりあえずアップデートしました。Apple WatchのOSアップデートってめんどくさいんですよね。iPhoneが近くにあること、バッテリー残量が50%以上、かつ充電ケーブルが繋がれていないといけませんからね。ということで、昨日、アップデートしました。特に使い勝手は変わりません。

IMG 4839

IMG 4840



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日、Appleから公開された「iOS 14.5」と「Watch OS 7.4」のアップデートを適用することで、私のiPhone 12 miniのロック解除がマスクを着けた顔でも可能になりました。マスクを着けた状態でもFace IDによるロック解除が可能になったのは、とても便利です。ただし、自分の腕にApple Watchをつけていることが前提です。Apple Watchを持っていない方は、マスクを着けたままのFace IDのロック解除はできません。また、ロック解除ができるiPhoneは、Face IDが搭載されたiPhone X以降の端末になります。

では、まず自分の持っているiPhone 12 miniをiOS 14.5にアップデートします。設定アプリの「一般」ー「ソフトウェアアップデート」から行います。ファイルサイズを見ていただくとわかりますが、マスクをしたままでのロック解除以外にも、AirTagへの対応など他の機能も追加されていますので、1.21GBと大きいファイルサイズです。アップデートが完了するまでに約30分ほどかかりました。iPhoneのバックアップの時間も必要ですので、時間に余裕がある時に行った方が良いと思います。

IMG 0001

iPhoneの再起動がかかります。設定アプリで確認すると、以下の画面になります。

IMG 0002

次はApple Watchのアップデートです。Watch OS 7.4にアップデートします。iPhoneの中にある「Watch」アプリを起動します。その中の「一般」ー「ソフトウェア・アップデート」に入り、アップデートを行います。

IMG 0003

Apple Watchのアップデートが完了すると、「Watch」アプリ「一般」ー「ソフトウェア・アップデート」で確認すると、Watch OS 7.4が利用可能になりましたと表示されます。Apple Watchをアップデートする場合は、バッテリー残量が50%以上あり、充電ケーブルが接続された状態で行う必要があります。

IMG 0004

Apple Watchの画面にも、アップデート完了の画面が表示されます。

IMG 0005

iPhoneとApple WatchのOSのアップデートが完了すると、次はマスクをしたままでもiPhoneのFace IDが解除できるように設定する必要があります。設定アプリの「Face IDとパスコード」を開き、下にスクロールすると、「APPLE WATCHでロック解除」という項目がありますので、オンにします。

IMG 0006

マスクしたままでのロック解除をして良いか確認メッセージが表示されますので、「オン」をタップして完了です。これで、マスクをした状態でもApple Watchを着けていれば、iPhoneのロックが解除されます。

IMG 0007

実際に解除されると、Apple Watchの画面に「このApple Watchでロック解除されました」と通知が表示されます。

IMG 0008

早速、使ってみましたが、マスクをした状態でもちゃんとiPhone 12 miniのロックが解除できるようになりました。今後はコンビニなどお店でスマホ決済するときに便利になりますね。Apple Watchをお持ちの方でiPhone X以降をお持ちの方は、ぜひ使ってみてください。便利ですよ。



↑このページのトップヘ