MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

iPad

こんにちは!Mac-BCL777です。

M1 iPad Proを使い始めてから、約1ヶ月が経ちました。私の場合、MacBook Airをやめての機種変更ですので、MacとiPadの違いみたいなものを、少し書いてみたいと思います。

B382CFED-9276-4C05-903A-43BDFBC4039C


iPadとMacの違い


M1 iPad Proを使い始めてから感じた、Macとの違いです。
<M1 iPad Proが優れている点>
  • iPadはタッチパネルで操作できる
  • iPadはタッチパネルでのジェスチャー操作が優秀
  • iPadは軽い(私はセルラーモデルなので、468g)
  • iPadは豊富なアプリがある
  • iPadは値段の割りに性能がいい(コスパが素晴らしい)
<MacBook Airが優れている点>
  • 作業の自由度が高い
  • マニアックなアプリが使える
  • 画面が大きい(作業スペースが広い)
  • 仕事でも使える
と言ったところでしょうか。

正直、M1 iPad Proのアプリの動作はサクサクです。Macのアプリより処理が速いと思います。普通に使うアプリであれば、iPadにあるアプリで、一通りの作業はできます。

M1 iPad Proにして良かったところ


約1ヶ月、M1 iPad Proを使って良かったなと思うところは、以下の通り。
  • カバーを開くと、すぐに使えること
  • 手書きでメモが取れること
  • ジェスチャーが優秀なので、Web、電子書籍などの閲覧性の高さ
  • バッテリー持ちがいい
  • セルラーモデルなので、外出先でもすぐにネット接続できる
  • クリエイティブ系の作業がサクサクできる(例えば動画撮影・編集)
上記の点においては、MacBook Airを上回りますね。快適に使えます。

M1 iPad Proにして残念だったところ


M1 iPad Proにして、使いにくいな、残念だなと思ったところは、以下の通り。
  • ファイル操作・管理が弱い
  • 仕事で使うアプリは、ほぼ簡易版が多くて、仕事には使えない
  • マルチタスク作業に弱い
  • 外部ディスプレイで作業領域の拡張ができない
M1 iPad Proは確かになんでもできますが、Macに比べると、同じ作業でも手数が多くなることが多いです。マルチタスクもできますが、Macのように多くのアプリを開いて切り替えて使うことはできませんね。iPad OSになってから、Split ViewやSlide Overなどが使えますが、せいぜい3つのアプリの同時使用くらいしかできません。また、予想以上に困ったのが、iPadはアプリの数は多いのですが、Macと同レベルの機能を持ったアプリは少ないです。MacやWindows版のアプリと同じ名前を名乗っているアプリも多いのですが、ほとんどの場合、iPad版は何らかの機能が減らされています。まあ、パソコンとは使い方が違いますので、そもそもiPadでは操作性も変わりますので、アプリによっては使いにくいです。ファイル操作、管理については、iPadは一応できると言ったレベル。正直iPad OSのファイルアプリはたくさんのファイルを操作しようとすると、途端に挙動が怪しくなります。まあ、難しいことはMacに任せなさいということなのかもしれませんね。

まとめ


M1 iPad Proですが、私個人としては、Macのような使い方を要求しなければ、使いやすデバイスだと感じています。「Macだったら・・」「Windowsだったら・・」とパソコンと同じ使い方を要求するなら、iPadは代わりにはなりません。使い方をiPadに寄せて考えれば、特に問題はないと思います。ですが、正直なところ、パソコンをやめてiPadに置き換えたり、最初の情報機器の1台目として購入するのに、iPadはお勧めしません。やっぱりパソコンとiPadの2台持ちの方が、正直幸せになれると思います。私は割り切って、自分の使い方をiPadに寄せていきましたので、問題だとは思っていませんが、自分で意識してiPadを使おうと思って使わないと、ストレスの溜まるデバイスになると思います。それだけ使い手を選ぶデバイスだと思います。今、iPad欲しいなあと思っている方は、パソコンをお持ちなら、iPadとの2台持ちをお勧めします。



こんにちは!Mac-BCL777です。

M1 iPad Proをメイン機にしてから、写真のExif情報を削除・編集できるアプリを探していましたが、良いアプリが見つかりましたので、ご紹介します。「Exif Viewer」というアプリです。しばらく使ってから購入したのですが、370円と比較的安価なアプリでした。iPadのフォトライブラリにある写真を一覧で表示でき、各写真のExif情報を確認することができます。ちゃんとiPadの横画面使用にも対応していて、操作性も良かったので、購入しました。これで安心で写真のExif情報を確認できます。ブログやインスタにアップする写真に使っていきたいと思います。

960D3B0B-94A6-4FD3-8E81-D1D83BEA092D



こんにちは!Mac-BCL777です。

JTT Online製マグネット着脱式ペーパーライクの開封&レビュー動画をアップしました。先日ブログでも紹介していますが、動画だとより伝わるかなということでアップしました。

それにしてもペーパーライクフィルムって、使ってみて思いましたが、とてもいいですね。紙の上に書いているような感じで、とても書きやすいです。本当にiPad Proがシステム手帳、ノートになった気分です。

ということで動画です。



商品のリンクも貼っておきます。







こんにちは!Mac-BCL777です。

iPad Proで使う「JTT Online マグネット着脱式ペーパーライクフィルム」を購入しました。昨日届きましたので、早速開封、使ってみました。どうして着脱式のペーパーライクフィルムにしたのか?最初からペーパーライクフィルムをiPad Proの画面に貼っておけばいいじゃないかと思われると思います。

ペーパーライクフィルムって、Apple Pencilで手書き入力しやすくなるように、適度な摩擦を作っているのですが、この摩擦が、指でiPad Proを操作するときは、逆に使いづらいですし、画面も発色が悪くなりますので、手書き入力をする時だけ貼り付けられる、着脱式のペーパーライクフィルムにしてみました。

早速、開封の儀です。パッケージはこんな感じ。

D1996E76-B7F9-484F-A8A7-E424A6B58C32

D0CC6869-5C6C-4B84-8F6C-2175D210FEC6

内容物は、iPadの画面を拭くクロス、ペーパーライクフィルムを使わないときに収納するケース、で、ペーパーライクフィルムです。

EAF2048D-B7A6-49BF-9B7B-8111F08E47C9

ケースに入れるとこんな感じ。クリアファイルみたいなケースです。

242D1556-5C4B-4819-9C07-6D7B4C8EBFC1

iPadに取り付けるとこんな感じです。マグネット式なので、画面に置くような感じです。ちょっと画面が見づらくなります。

9D377585-2358-4D64-8A3D-067A7686176C

手書きしてみました。

6542EEFC-4E35-491E-8FEA-CCBDFB863AEA

書き心地はいいです。ペーパーライクフィルムがないと、Apple Pencilが滑る感じで書きにくいんですけど、ペーパーライクフィルムがあると、適度な摩擦があるので、とても書きやすいです。着脱式なので、メモなどの手書き入力するアプリを起動してから、ペーパーライクフィルムを貼り付ければいいので、普段のiPad Proの操作性に影響を与えることもないので、私は良いかなと感じています。これで、iPad Proが手書きノートの代わりになります。会議中の荷物が減ります。

私はAmazonで2180円(税込、送料込み)で購入しました。急がなければ、楽天とかで購入するとポイントもつきますので良いかもしれませんね。以下にリンクを貼っておきます。







こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、MacBook AirからM1 iPad Proに置き換えてからの感想を書いてみたいと思います。

AF706A91-9872-46EF-8880-A06D0758DFE9


率直な感想


MacBook AirをM1 iPad Proに置き換えて、二週間強使ってきましたが、昔のiPadとは違い、今はiPad OS 14がよくできていることもあり、なんでもできるようになったというのが最初の感想です。ただ、なんでもできるようになりましたが、iPadの得意なことを除けば、中途半端感を感じますね。やっぱりアプリはパソコンをベースに作られ、それを元にiPadアプリが作られているんだなと感じました。

確かになんでもできますが、パソコンほどの自由度はありませんので、iPad Proの導入当初は、今までMacBook Airで行っていたことの置き換えにちょっと苦労しました。iPad OS 14になって、改善されたとはいえ、iPad OSは、ファイルの取り扱いが、まだまだ面倒ですね。ファイルアプリの挙動が怪しくなることがよくありますね。

とはいうものの、二週間も使うと、それらもほぼ解決され、私がいつも行っている、画像や動画編集、ブログ更新などは、ほぼストレスなくできるようになりました。でも、MacBook Airよりは手数が多い感じですけどね。

動作はさすがM1チップが搭載されているだけあって快適です。ということで、iPad Proだけでもやりたいことはできるようになったので、MacBook Airは売却して、手元にはありません。やりたいことにもよりますが、iPad Proでも十分対応できます。

M1 iPad Proの長所


M1 iPad Proの長所をまとめてみました。
  • コンテンツ消費は、パソコンを上回る最強の使い心地。Web閲覧、電子書籍を読む、動画鑑賞などは、専用のアプリが提供されており、簡単にコンテンツの閲覧が可能。専用のアプリが提供されているので、検索などコンテンツを見つけるまでの手数が、パソコンよりも少ないのは便利。
  • パソコンより軽いので、持ち歩きが便利。
  • iPad向けのアプリの種類も多く、ほとんどがパソコン版に比べて、価格が安い。
  • iPad Pro自体にカメラが搭載されているので、撮影から画像、動画編集までをiPad Proだけで行える。しかも機器構成を考えると、必要最低限に絞れば10万円程度になるので、その場合は、性能を考えると、パソコンやスマホよりもスペックの割に安価でコスパがいい。
  • 5G対応のセルラーモデルがあるので、セルラーモデルはどこでもネット接続できるので便利。
  • Apple Pencilを使えば、メモに手書き入力できるので便利。
以上、使い方に癖はあるが、なんでもこなせます。ただ、可能なら、パソコンと両方持っている方が、幸せになれると思います。

M1 iPad Proの短所


M1 iPad Proの短所をまとめてみました。
  • パソコンで簡単にできていたことが、複数のiPadアプリを使う必要があったりと、手数が増えることがある。
  • ちょっと特殊なパソコンアプリには対応していないことが多い。また、パソコンと同じ名称を名乗っているアプリでも機能が削られていることが多く、不便さを感じることがある。だから、できればパソコンも持っていた方が良い。
  • 文章入力にはやっぱり外付けのキーボードがないと、快適な文章入力はできない。
以上、やっぱりパソコンの方が楽だなと思うこともありました。

まとめ


M1 iPad Proは、確かになんでもできますが、スマホとパソコンがあった上で使う方が幸せになれると思います。ただ、M1 iPad Proでできることは、パソコンでできることが多いので、パソコンを持っていると、パソコンの方が、自由度が高く、使いやすいアプリがあるので、結局iPadは使わなくなる可能性が高い。つまり、「iPadを使うぞ!」と使用目的をはっきりとさせないといけないので、ある意味、使用難易度が高いデバイスだなと感じました。私は幸いに、M1 iPad Proでやりたいことがはっきりとしていたので、問題はありませんでしたが、なんとなく便利そうだなと思って買うと、結局、スマホやパソコンでできてしまうことが多いので、使わなくなってしまうという、危険性を持っているデバイスです。

先日のAppleのWWDCで発表されたiPad OS 15で、機能は進化しましたが、私が期待していたほどの進化ではなかったので、M1 iPad Proは、オーバースペックな感じがしました。せっかくMacと同じSoCを搭載しましたので、M1 iPad ProでMac OSのアプリが動くことを期待していたんですけどね・・。iPad OS 15の追加アップデートに期待しましょう。



↑このページのトップヘ