MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

楽天モバイル

こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりに楽天モバイルの5Gエリアの回線速度の測定を行ってきました。今回は5回目ということで、大阪環状線、大和路線の今宮駅周辺が、楽天モバイルの5Gエリアということで、測定してきました。結果はというと、びっくりの結果でした。私が楽天モバイルの5Gエリアの回線速度の測定をしてきましたが、今までで最速でした。今までは梅田で、大体200Mbps台でしたが、ここ今宮駅周辺は、安定して300Mbps以上を叩き出していました。梅田は、測定位置も狭かったのですが、今宮駅周辺は、結構広い範囲で5Gの回線速度が出ていました。300Mbps以上出ていれば、他の3大キャリアより少し遅いかもしれませんが、まあ、太刀打ちができる速度ではないかと思います。まだまだ5Gエリアが狭い楽天モバイルですが、今宮駅のように安定して5G通信ができるエリアを増やして行って欲しいと思います。

測定の動画は、以下のリンクよりどうそ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日の記事で楽天モバイルのiOS版Rakuten Linkアプリの仕様改悪の記事を書きましたが、せっかくならということで、YouTube動画も作成してみましたので、見てやってください。

それにしても、なぜiOS版(iPhone版)のみの仕様改悪なんでしょうね。Androidは今までと変更がないのになあ・・。Appleから何か圧力がかかったのでしょうか。何にしても6月15日以降は、iPhoneでRakuten Linkアプリを使うときは、気をつけることにします。




こんにちは!Mac-BCL777です。

一昨日、楽天モバイルより、iPhone版のRakuten Linkアプリの仕様変更に関するお知らせメールが来ました。内容を確認すると、はっきり言って、サービスの改悪です。今日は、その内容について、ご説明したいと思います。

1.iPhone版のRakuten Linkアプリの仕様変更日
  2021年6月15日(火)から適用

2.サービスの改悪内容(影響が大きいものを挙げておきます。)
  ■Rakuten LinkアプリiPhone版の音声通話
   <変更前(2021年6月14日まで)>
   「Raakute Link」アプリ以外からの着信の場合でも、
    自分の「Rakuten Link」アプリに着信します。
   <変更後(2021年6月15日から)>
   Rakuten Linkアプリ以外から着信があった場合、
   自分の「iPhone標準の電話」アプリに着信します。
   →もし、着信のあった相手に無料でかけ直す場合は、「Rakuten Link」アプリを使うこと。
    iPhone版標準の電話アプリの着信履歴からかけ直すと通話料が発生する。

   Rakuten Link同士の場合は、今まで通り無料で利用ができる。

  ■Rakuten LinkアプリiPhone版のSMSの送受信
   <変更前(2021年6月14日まで)>
   「Rakuten Link」アプリ以外からのSMS送受信でも、
    自分の「Rakuten Link」アプリから送受信できます。
   <変更後(2021年6月15日から)>
   「Rakuten Link」アプリ以外からのSMS送受信は、
    自分の「iPhone版メッセージ」アプリで送受信します。
   →「iPhone版のメッセージ」アプリで送信するため、料金が発生します。

   Rakuten Link同士の場合は、今まで通り無料でメッセージ送信が利用ができる。

仕様変更、発生する料金の詳細は、楽天のサポートページを参照してください。

要は、
  • 楽天モバイルでない人からの電話が、iPhone版電話アプリに着信するようになること
  • 折り返しでかけ直す場合は、Rakuten Linkアプリを使わないと有料になること
  • 楽天モバイルでない人からのSMSの着信が、iPhone版メッセージアプリになること
  • 楽天モバイルでない人にSMSを送信する場合はRakuten Linkアプリが使えず、iPhone版メッセージアプリになり、SMS送信料金が発生すること
です。

とんでもない仕様の改悪ですね。6月15日(火)以降、注意しましょう。出ないと必要のない料金が発生します。



こんにちは!Mac-BCL777です。

楽天モバイル5G回線速度測定の第4弾ということで、大阪市の北浜の少し北側にある楽天モバイルの5Gエリアで回線速度の測定をしてきました。結果はというと、以下の動画をみていただければわかると思いますが、残念ながら、5Gの速度は出ませんでした。私のiPhone 12 miniで「5G」という表示は出るのですが、回線速度測定アプリで測定を開始すると、すぐに「4G」表示に変わり、速度も「5G」の速度は出ませんでした。大阪・天神橋付近は狭いエリアですので、30分ほどウロウロしてiPhone 12 miniの表示が「5G」のところで測定しましたが、最後まで「5G」のまま測定できるポイントはありませんでした。4Gのカバーエリア、回線品質は良くなってきた楽天モバイルですが、5Gはまだまだですね。楽天モバイルの5Gエリアマップによると、大阪市内で私が測定していないのは、JR今宮駅周辺です。また時間が取れる時に測定したいと思いますが、同じ結果になりそうですね。大阪で楽天モバイルの5G通信が安定してできるところは、梅田の阪神百貨店前の歩道橋のあたりだけですね。それでも250〜300Mbps程度ですので、この速度なら、4Gの速い速度にも負けています。サービスインしてまだ1年を過ぎたところなので、5Gエリアが狭いのは仕方がないのかもしれませんが、3大キャリアは、どんどん5Gエリアが増えていて、楽天モバイルよりも安定した5G通信ができますので、頑張っていただきたいものです。




こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日、楽天モバイルの5Gエリアマップに従って、大阪市西成区津守周辺で5Gの通信速度の測定を行ってきました。ですが、iPhone 12 miniの画面には確かに「5G」の表示は出るのですが、通信速度測定アプリを動作させると、なぜか「4G」になってしまい、通信速度も4Gになってしまいます。1時間ぐらい歩き回って場所を変えて測定してみましたが、結局、5Gの通信速度は出ませんでした。一応、アンテナ表示が「5G」のままで、一番マシだった時の動画を作成しましたので、YouTubeのアップしました。時間がある方はご覧ください。




↑このページのトップヘ