MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

アマチュア無線

こんにちは!Mac-BCL777です。

3アマの資格は取得したものの、まだいろいろとあって、開局していません。ということで、手軽なところからとデジコミのフリラ無線をやっていますが、運用している人が少なくて、あまり楽しめていません。ということで、今アマチュア無線で人気のFT-8に興味がありますので、デコードソフトだけパソコンにインストールして、FT-8の雰囲気だけ楽しんでみました。

いや~、7MHz帯を受信してみましたが、鳴りやまないくらい運用局がいますね。びっくりです。これだけ交信できたら楽しいだろうなと思う反面、話さない通信なので、人と話したい人には、つまらない運用なんだろうなとも思いました。でも、普通の会話する無線局も7MHz帯は賑やかで、デジコミよりはいいなと感じました。早く開局したいものです。

Perseusからパソコンに受信音声を入力して、デコードしました。定番のJTDXというソフトです。一杯運用されていますね。4Kディスプレイなので、一画面で余裕で表示できています。普通のフルHDのディスプレイだと2画面必要でしょうね。まだ画面には余裕があるので、電子ログソフトとかも表示できると思います。27インチの4Kディスプレイなので、ちょっと文字が小さい感じですが、文字サイズを125%にしてなんとか読めています。できれば、ディスプレイ2台の方が良いとは思います。

アマチュア無線の雰囲気だけ感じてみました。

JTDX



こんにちは!Mac-BCL777です。

「アマチュア無線機購入ガイド」の特集ということで、Amazonで購入してみました。内容は、想像していたより、ちょっとがっかりでした。もっと無線機や周辺機器のレビューというか評判記事が載っているのを期待していましたが、単なるメーカーの受け売りみたいな記事で、ちょっとひどいなあと思いました。やっぱりこの手の雑誌は、本屋さんで中身を見てから買う方がいいですね。とはいえ、この手の雑誌を置いている本屋さん、昔に比べると減りましたし、足を運ぶのが面倒なんですよね。Amazon Prime会員なんで、送料無料なので、ついAmazonで買ってしまいますね。今回は不発でした。

CQHamRadio



こんにちは!Mac-BCL777です。

4アマを取ってから、勢いで3アマも取りました!というわけで、昨日、無線従事者免許証が届きました。当たり前ですが、4アマの免許証と同じデザインのカードでした。書いてある内容が「第四級」なのか「第三級」なのか違いだけでした(笑)。ちょっと違和感があったのが、「免許証番号」です。車の免許のように、免許番号は引き継がれると思っていましたが、全く違う新しい番号になっていました。そういうものなんですね。これで開局できれば、50Wまで出せます。HF帯で4アマは10Wまで、3アマは50Wなので、かなり飛びに違いが出るのでしょうね。早く開局したいものですが、いろいろあって、まだ時間がかかりそうです。

A5660EB6-9D3E-4917-8825-25A7D02C3A77



こんにちは!Mac-BCL777です。

CQ Ham Radioが出しているログブックを試しに購入してみました。価格はAmazonで880円でした。ちょっと高い気もしますが、アマチュア無線のログがどんな感じなのかを知るために購入しました。先日購入したライセンスフリー無線完全ガイドの付録のログとも比べてみました。正直なところ、今はフリラ無線しかやっていないので、CQ Ham Radioのログブックより、ライセンスフリー無線完全ガイドの付録の方が合っている感じです。今は、パソコンでEvernoteにログを残していますので、まあ、記録すべき必要な項目は何かを確認できました。これらのログブックを参考に、Evernoteに記録するログを記入していきたいと思います。

LOG01

LOG02



こんにちは!Mac-BCL777です。

デジタル小電力コミュニティ無線のトランシーバーを先日買いました。一応、アンテナが取り替えられるようなので、SWRメーターが必要かなと思って探してみると、高いですね〜。安くても一万円、多機能なものは5万円とか8万円とか、もうアマチュア無線のトランシーバーが買えるくらいです。そんな初期投資をするつもりもないので、140MHz帯に対応した安いものがないかと、さらに探してみると、さすがAmazon、ありましたよ。4300円で売っていました。多分中華製だと思いますが、取説も英語だったので、早速発注、昨日届きました。ちゃんとした値を計測してくれるのか、ちょっと安すぎて不安ですが、この値段だったら失敗してもいいかと割り切ることにしました。すぐに使ってみたいところですが、時間がないので、週末の休みの日に試してみようと思います。

ということで開封の儀です。

知らない名前のメーカー、派手なパッケージは中国製の雰囲気を醸し出しています。

6B9045D2-233A-4B08-BAE8-971C3543BABB

取扱説明書です。英語なのでちょっと安心。中国語だったら、全く分かりませんからね。一応、今回使いたい140MHz帯はカバーしています。ちゃんと「RF Power & SWR Meter」と書いてありますね。この大きさで100Wの入力に対応しているそうです。ほんまかいな。

98CC4621-E555-47D1-8E14-13F55A89725B

使い方が写真で書いてあります。ハンディー機だとトップヘビーで怖いなあ・・。

130F955C-ED96-40BF-BE56-0B6F64680CE7

付属品類です。USBアダプタと充電ケーブルに各種変換コネクタが付属しています。

6EEDECF1-DF29-4360-BD0B-6EF9CD7C1C88

本体です。プラスチックのチープな作りです。まあ、4300円だから仕方がないですかね。ちゃんとメーターとして機能してくれれば、頻繁に使うものではないので、問題はありません。

72DF6852-D202-41A2-929F-15FBF2A408F7

ということで、中華製の激安RF POWER & SWR METERでした。週末に使ってみるのが楽しみです。ちゃんと動作することを祈ります(笑)。

興味がある方は、こちらからどうぞ。




↑このページのトップヘ