MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

スマート家電

こんにちは!Mac-BCL777です。

最近、デスクに置ける小型の冷風扇を購入しました。Amazonで3,980円(税込、送料込)でした。実は私の部屋なんですが、エアコンがありません。正確にはあったのですが、窓型エアコンしか設置できない部屋で(つまり普通のエアコンにある室外機が置けない)、窓型エアコンって、異様な爆音がしますので、我慢できなくて、使わなくなってしまい捨てました。私の部屋の窓は、屋外の大通りと高速道路の騒音がひどいので二重サッシなので、窓型エアコンの設置にも向いていないんですよね。そんなわけで、ずっと扇風機でしたが、暑い空気を回すだけで夏は辛いんですよね。で、手軽でそこそこ涼しい風が出る冷風扇を購入しました。音も静かで、水を入れると結構涼しい風が出ます。扇風機より快適な感じです。エアコンのようには行きませんが、涼しい風が出るので、結構耐えられますね。あとは有名メーカー製ではないので、信頼性が心配ですけど。3,980円ですから、1年で壊れてもまあいいかという感じです。

というわけで、パッケージはこんな感じ。

20220627_204159

内容物は、冷風扇本体と、USB充電ケーブル、ACアダプタは自分で用意する必要があります。と取扱説明書です。USB充電式です。どこにでも置ける手軽さがあります。

20220627_204726

20220627_204736

機能としては、冷風を出すこと、ミストを出すことですね。LEDはイルミネーションみたいに光の色を変えられます。

20220627_204935

水を入れるタンクがあります。300mlほど入ります。

20220627_204928

まあ、冷たい風というよりは、涼しく感じられる風が出ますね。エアコンだと体調を崩すこともありますが、涼しい風ですので、体の負担にもなりませんね。音はまあまあ静かです。普通の強さの風なら気にならないと思います。ただし、ミストを出すと音が大きくなります。今のところ、いい買い物だったかなと思います。体に優しい涼しい風というのがいいと思っています。

私が購入したのはAmazonです。興味がある方は、以下のリンクからどうぞ。私が買った時はタイムセール中でしたので、今は値上がりしています。




こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は最近購入したハイレゾ音源対応のCDラジカセ「Aurex TY-AK2」の内蔵チューナーについての初期設定方法とFM、AMラジオの感度について、レビュー動画を作成しました。早速YouTubeにアップしていますので、お時間のある方は、動画を見ていただければと思います。



正直、私の結論を書いてしまうと、FMはロッドアンテナのみで外部アンテナ端子がありませんので、感度は普通より少し悪い感じがしました。地元のメジャーな放送局でもロッドアンテナでは結構ノイズが乗ります。AM放送に至っては、ラジカセでありながら、内蔵のバーアンテナではなく、外付けのしょぼいループアンテナです。なので、感度は良くありません。

20220624_160751

私の結論としては、ハイレゾ音源へのアップコンバート機能がありますので、別に感度の良いラジオを用意して、TY-AK2の外部入力端子に接続して使うのがベストかなと思っています。私はチューナーがわりに、SONY ICF-SW7600GRと外部アンテナにAOR SA7000を繋いで、TY-AK2で聞いています。これが一番しっくりときている感じですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

購入して1ヶ月ほど経ちますが、ハイレゾ音源対応の東芝 Aurex TY-AK2、とてもいい感じで使えています。25,000円程度でこれだけの音が出れば、私はまあ満足です。ハイレゾ対応音源はとても良い音で聴くことができます。ただ、通常音源をハイレゾ相当にアップコンバートする機能は便利ですが、おまけ程度と考えておいた方がいいでしょう。劇的に音が良くなる印象はありません。多少音が良くなったかなという感じです。とはいうものの、私は気に入って使っています。今まで40年前のラジカセSONY CFS-686をメインに音楽を聴いていましたが、TY-AK2のその座を譲りました。現在CFS-686は、別の部屋でFMラジオを聴くのに使っています。

というわけでハイレゾ対応音源再生時は「Hi-Res」LEDが点灯します。左右独立の10連のLEDレベルメーターが楽しいです。やっぱりオーディオ製品を名乗るなら、レベルメーターは必須ですね。

P1000098

通常音源をハイレゾ相当にアップコンバートしている時です。正直、おまけ機能です。劇的に音が良くなった感じはありません。

P1000097

実売25,000円くらいで楽しめるハイレゾ音源オーディオはなかなかないので、このAurex TY-AK2は、貴重なオーディオ製品だと思います。価格も手頃なので、圧縮音源に聞き慣らされた若者にハイレゾ音源を聴かせてやりたいですね。そんな時に良い製品だと思います。ただし!年配、多分60歳以上の方は購入しない方がいいでしょう。耳の聴くことができる周波数帯域が狭くなっていると思いますので、ハイレゾ音源を実感できないと思います。

では、ハイレゾ音源聴き比べ動画をアップしました。時間のある方は見てみてください。3分程度の動画です。



一応、Amazonの購入ページのリンクを貼っておきます。




こんにちは!Mac-BCL777です。

20220529_154115

私がApple Watch 6をやめて、Withings ScanWatchの切り替えてから、2ヶ月ちょっと過ぎました。改めて使用感のレビューを行いたいと思います。2ヶ月使いましたのでね。そろそろいいところ、悪いところが見えてきました。
Apple Watch 6をやめた理由
まず、私がApple Watch 6、あれだけいいと言っていたのに、やめた理由を述べておきたいと思います。確かにApple Watch 6は何でもできますね。Withings ScanWatchに比べて、圧倒的に多機能です。なのになぜやめたのか?

バッテリー持ちが悪すぎる!

いくら何でも1日2回充電はめんどくさいことです。Apple Watch 6は、寝ている時も装着しています。なので充電する時間が限られてくるんですよね。仕事から帰宅して忘れずに充電、また、朝会社に到着してから充電する。このルーティーンが必ず発生します。しかも充電は遅いんですよね。これでは、正直2台体制でないと厳しいかなと思ったところでした。

また、多機能で便利です。iPhoneとの連携は完璧で、電話にも出られますし、電子決済もできます。通知もとても見やすいですしね。ですが使い込んできて、わかったことがあります。

電話も出ないし、電子決済はiPhoneで済ませられるので、Apple Watchの出番はない!

電話は、着信者の声がスピーカーから流れるので、Apple Watchで電話を取ることは絶対にしませんね。あと電子決済ですが、コンビニやお店で電子決済する時ですが、事前にiPhoneでセブンイレブンアプリとか、そのお店のアプリを起動して店員に見せているんですよね。だったら、そのまま電子決済はiPhoneで行ったほうが楽なんです。改めてApple Watchを出す意味がありません。また、私は大阪に住んでいますので、Suicaを使うこともありません。なので、いくら多機能でも、Apple Watchを使う必要性が、健康管理、運動管理だけになってしまいました。ということで、健康管理に特化したWithings ScanWatchでも、問題ないのではないかと思ったことで、Apple Watch 6は使わなくなりました。ちなみに性能やできることは、Apple Watch 6の方が完璧に上です。なので、私にとって必要かどうかで決めました。
Withings ScanWatchの良いところ
2ヶ月間使ってきて、良いなと思ったところは、使い勝手がとてもシンプルです。見た目も普通のアナログ腕時計で私にはおしゃれに見えますね。その中で気に入った点は以下の通りです。
  • バッテリー持ちがとても良い。二週間くらいは持ちます。私は一週間に一度、日曜日に充電しています。充電も早いです。
  • Apple Watchほどの機能はないが、健康管理、運動管理については、ほぼ遜色がない。
  • 時計本体での表示情報は少ないが、スマホアプリで十分にサポートしてくれます。
  • 見た目がおしゃれ。(私の好み)
という感じですね。バッテリー持ちがいいのが最高です。Apple Watch 6のときは、充電に追われていましたからね。スマホアプリで確認できる情報を紹介しておきます。基本的に健康管理ができますので、体重などの情報も連携できますが、それらはWithingsの別売りの体組成計などとの連携になりますので、今回はScanWatchだけでの機能を紹介しておきます。

まずはワークアウト(運動結果)です。私は1日最低10000歩を目標にしていますが、20000歩は歩くようにしています。1日の情報だけでなく、週や月の情報を表示してくれます。ウォーキングした距離や消費カロリー、平均歩数などが確認できます。

Screenshot_20220529-153627_Health Mate

睡眠についての情報も表示されます。睡眠の質や、時間などが数字で表示されます。Apple Watchよりは簡単で見やすいと思っています。この画面には表示されていませんが、睡眠スコアが100点満点中何点なのかも表示されます。私の場合は20〜40点とあまりいいスコアは表示されないことが多いです。病院の主治医に見せて相談もしていますよ。

Screenshot_20220529-153737_Health Mate

睡眠中の血中酸素濃度なども自動測定して記録してくれます。

Screenshot_20220529-153758_Health Mate

運動、私の場合、ウォーキングした結果を表示してくれます。GPSを使って歩いた道のりを地図上に表示してくれたり、歩いた距離、消費カロリー、心拍数などを表示してくれます。

Screenshot_20220529-153838_Health Mate

という感じで、Apple Watchの運動や健康に関する情報については、差は感じません。私が欲しい情報をほぼ同等に表示してくれます。
Withings ScanWatchの設定内容
Withings ScanWatchの設定方法ですが、Apple Watch 6のように時計本体でやるというよりは、スマホアプリで行います。WithingsのHealth MateというアプリをダウンロードしてBluetoothで同期して行います。iPhoneアプリ、Androidアプリの両方があります。

設定する機能はシンプルですね。 私の場合は、アラームや時計本体の長押し設定で起動するメニューの設定、液晶表示部は手首を返すと自動的に表示が点灯する設定、ヘルス機能で、睡眠中の血中酸素濃度、心拍数、1日の目標歩数などを設定しています。注意点としては、ワークアウトメニュー中の液晶表示はOFFにしておいた方がいいと思います。常時点灯すると、運動時間が分かりますが、クイックルックで十分ですし、常時点灯すると、バッテリーを大量に消費して、通常二週間程度もつバッテリーが三日くらいしか持たなくなります。

Screenshot_20220529-154234_Health Mate

あと、最後はスマホからの通知設定ですね。電話の着信やアプリごとに通知を受け取るかが設定できます。Apple Watch 6時代からの経験ですが、通知するアプリは、必要最低限にした方が良いと思います。メールとかLINEくらいにしておいた方がいいと思います。ちょっと残念なのは、楽天モバイルで楽天リンクに着信するようになっていますが、そのため、電話がかかって来ているときに通知されず、電話が切れてから着信通知が来ます。これは、楽天モバイルで楽天リンクに優先着信にしているからだと思います。つまりAndroidスマホの場合です。iPhoneは楽天モバイルでもiPhone標準電話アプリに着信するので、ちゃんと通知してくれると思います。

Screenshot_20220529-163436_Health Mate_1


Withgns ScanWatchの残念なところ
Withings ScanWatchに概ね満足していますが、残念なところもあります。それは以下の通りです。
  • 通知が見づらい。表示する液晶窓が小さいので、通知が来たらすぐに見ないと、流れていってしまいます。見返す方法もないので、その場合はスマホを見ることになりますね。画面が小さいことの宿命ですね。
Apple Watchの表示が優れていますので、通知機能はかないませんね。でも、私の残念に思っているところは、この一点のみですね。電子決済機能は、上記でも書きましたが、スマホで行う方が早いので使いません。ということで、私はこのWithings ScanWatchのして良かったと思っています。価格もApple Watchの半額くらいでうまくやれば手に入ります。Apple Watchユーザーは多いですが、ちょっと雰囲気の違ったスマートウォッチが欲しい方は、候補の一つにされてもいいかと思います。

興味がある方は、以下のリンクからどうぞ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

Withings ScanWatchのバッテリー持ちですが、私の使い方だと一日7~8%程度の減り具合です。だいたい13日程度の持ちですね。メーカーは30日持つと言っていますが、それはたぶん、通知とかしない場合でしょうね。13日とはいえ、Apple Watch 6の18時間に比べれば、圧倒的に持ちます。週一回の充電で余裕で使えますね。しかもバッテリー容量は少ないので、充電時間も短いです。私は毎週日曜日の夜に充電することにしています。バッテリー持ちが良いのはうれしいことです。

Withings



↑このページのトップヘ