MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

アマチュア無線

こんにちは!Mac-BCL777です。

アマチュア無線をやっている人ならメジャーなアプリ(アプリって、Apple的な読み方、Windowsならソフトですね。)のパソコンとタイムサーバと同期を取ってくれる「BtkTimeSync」ですが、私も既にインストール済みです。デフォルトでは60分毎の同期ですが、パソコンの内蔵時計は狂いやすいので、私は10分毎に設定しています。おかげで時間は正確だと思います。GPSとも同期できるようですが、私はGPSを使わないので、Enable GPSのチェックを外しています。いつでもFT-8デビューできそうですね(笑)。

BktTimeSync



こんにちは!Mac-BCL777です。

ただいま、アマチュア無線の電波出し準備中ですが、デジタルモードのFT-8で通信するためにJTDXをWindowsパソコンにインストールしたのですが、ちゃんとICOMのサイトから最新のIC-7300のUSBドライバをダウンロードしてインストール、COM3ポートで認識しているのを確認済です。にもかかわらず、JTDXでデコードはされるんですが、IC-7300の制御テストで失敗します。JTDXの設定も間違っていないはずですが、うまくいかない・・。いろいろやっても変化がないので、USBケーブルが悪いのでは?と思って交換してみたら、すんなり制御できるようになりました。JTDXでデコードできているんだから、USB経由での入力信号は認識しているのに、なんで制御信号だけが届かないのか・・・。理由はわかりませんが、やっぱり細いケーブルは、それなりにリスクがあるみたいですね。私もIT系の仕事をしていたので、そのあたりは経験が多くあります。というわけで、USBケーブルはしっかりとしたケーブルを使いましょう!

こんなに太さが違います。細いケーブルは取り回しがしやすいんですけどね・・・。

USB



こんにちは!Mac-BCL777です。

無線機のIC-7300ですが、内蔵時計の精度がイマイチなので、簡単にパソコンから時刻を修正できるアプリをインストールしました!もちろん、パソコンの内蔵時計の精度も良くないので、パソコンの時計にも対策したうえでの導入です。このアプリ、ICOMさんが提供しているアプリで無料です。「ST-4003W」というアプリ名です。パソコンとIC-7300がUSBケーブルで繋がっていれば、実行ボタンを押すだけです。これで安心ですね。

起動するとこんな画面が出ます。実行ボタンを押すと・・・。

IC-7300TIME-01

IC-7300の時刻が更新されると、完了メッセージが出ます。

IC-7300TIME-02

無料なので、IC-7300をお持ちの方は、入れておいて損はないと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

やっとこさ、昨日の午後、アンテナから自室への配線、周辺機器の設置が完了しました。これで電波が出せる状態になりました。それにしても、アンテナチューナーの威力はすごいですね。私の場合、コメットのCAT-300というマニュアルのアンテナチューナーにしましたが、HF帯(7MHz、18MHz、21MHz、28MHz)のすべてが、SWR1.5以下になりました。数値的には合格点ですね。受信しかしていませんが、CHV-5αという短縮ダイポールアンテナですが、まあまあ聞こえていました。あとはどれだけ電波が飛ぶかですね。マンションのベランダなんで、南方向にしか開けていないので、どんな場所に電波が飛ぶのか楽しみではあります。ただ、アマチュア無線はお金のかかる趣味だということが良くわかりました。アンテナと無線機があれば始められると思っていましたが、周辺機器がたくさん必要ですね。もうスッカラカンになってしまいました。お金かけましたので、その分楽しまないといけませんね(笑)。このブログをご覧の方もアマチュア無線をされている方がいると思いますので、もし交信機会がありましたら、やさしくお相手くださいね。

ベランダに設置したCHV-5α(5バンド短縮ダイポール)

CHV-5α

セットアップした無線機と周辺機器

Shack

あとは欲を言えば、無線機で受信用アンテナと送信用アンテナを切り替えられるようにしたいですね。IC-7300は送受信のアンテナ端子が一つしかありませんので、送受信のアンテナを自動的に切り替えられるスイッチャーの購入を目論んでいます。お金ないなあ・・・。あとALA-1530が欲しいかも。上の写真でお分かりかと思いますが、CAT-300があれば、SWR/Powerメーターは必要ありませんでしたね。今更気が付きました。



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は午後から夕方までアマチュア無線のアンテナを建てるのに格闘しておりました。短縮型のマルチバンドアンテナは調整が難しいですね。初体験でしたので、アンテナアナライザーを見ながら、各バンドのエレメントの長さを何度も手動で調整して、SWRが低くなるように頑張りました。7MHz帯は素直にSWRが落ちてくれましたが、18MHz、21MHz、28MHz、50MHzと周波数が高くなるにつれてSWRが下がらなくなります。昨日はその調整作業だけで時間が取られましたので、今日、配線して必要な周辺機器も設置するつもりです。アンテナチューナーも購入済みですので、ハイバンドももう少し使えるレベルになるかもしれません。BCLとは違った楽しさがありますね。でも、アパマンハムなので、設置できるアンテナが限られてしまうのが残念です。アマチュア無線やるなら、戸建ての家が良いですね。あと私のような初心者には、アンテナアナライザーは購入しておくべきですね。調整の手間が違ってきます。

私が購入したのは、ベランダにも設置できるコメットのCHV-5αというダイポールアンテナです。ダイポールアンテナとしてはコンパクトで5バンドに出られるはずのアンテナです。アンテナを設置した後に写真撮るの忘れました。

CHV-5

興味がある方は、以下のリンクよりどうぞ。







↑このページのトップヘ