MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

アマチュア無線

こんにちは!Mac-BCL777です。

アマチュア無線局開局に向けて、少しずつ準備しています。まずは同軸ケーブルです。お近くのアマチュア無線を行っている先輩から、5D-2Vが良いよと勧められましたので、楽天で購入しました。ちょうどポイントアップ期間でしたので。ベランダから無線機部屋まで25mです。結構長いですね。一応、第一電波工業が出している同軸ケーブルにしました。激安のケーブルもあるようですが、初心者ですので、安心できるメーカー製にしました。税込・送料込みで6,400円でした。今まではBCLでしたので、ケーブルも安かったのですが、電波を出すアマチュア無線ではそうもいかないですから、しかたがないですね。

5D-2V





こんにちは!Mac-BCL777です。

私の持っているIC-7300ですが、コスパが良くて満足していますが、一点だけ残念に思うことがあります。それはアンテナ端子が、送信用と受信用に分かれていないことなんですよね。まあ、コンパクトな筐体なので仕方がないのかもしれませんが、やっぱり受信はアマチュア無線用アンテナよりは、ALAとかΔLOOP9+とかの方が受信性能は良いですからね。だから受信は受信専用のアンテナを使いたいんですよね。送受信を自動で検知して送信用、受信用アンテナを切り替えてくれる周辺機器があれば、IC-7300でも受信専用のアンテナが使えることになります。で、探してみるとありました。「MFJ」というメーカーが販売している「MFJ-1707B」という送受信アンテナ切替器です。でも、海外のメーカーで価格が高いんですよね。MFJ-1707Bが139.95ドル、ACアダプター(100Vも対応)が29.95ドルです。これだけでも高いのに、日本までの送料が92.94ドル・・・、送料が1万円って高すぎませんか。全部で3万円ですよ!IC-7300で便利に使えるとは思うのですが、ちょっと躊躇する価格です。でもIC-7300で受信はΔLOOP9+、送信はアマチュア無線のアンテナで使い分けられるのは、きっと便利です。まあ、まだコールサインももらっていませんからね。コールサインが来てからまた考えます。その間にひょっとすると円高になって安く買えるかもしれません(笑)。 でも、手作り感満載の製品写真です。もうちょっと質感が高ければいいのにねぇ。高いんだから・・。

MFJ-1707B



こんにちは!Mac-BCL777です。

私はIC-7300の電源を取るために、セット販売で安く購入できたアルインコ DM-330MVというスイッチング方式の電源装置を使っています。一般的には、スイッチング方式はノイズをまき散らすので、トランス方式の方が良いという、ある種、信仰のような常識があることも知っていました。ですが、スイッチング方式でもちゃんとした設計を行えば、ノイズを影響のない範囲外にできるようです。オーディオの世界の話ですが、オーディオマニアの間でも、パワーアンプの電源はトランス式が良いと言われていますが、ちゃんと試聴周波数外になるように設計すれば、スイッチング方式でも音質に影響を出さない電源として使えるそうです。逆にトランス方式の電源の場合、電源の近くに音声ケーブルを配置すると、ハム音が乗ってしまい、良い音で聴けないことがあるとも聞いたことがあります。

とまあ、前置きは置いておいて、私は通販ショップに問い合わせて、スイッチング方式の電源装置でも大丈夫か聞いてみたところ、「普通に使う分には問題ありませんよ」と言われましたし、仮にノイズに当たったとしても、ノイズオフセット機能で、ノイズをずらすこともできると聞きましたので、予算も少ないことですし、今回はスイッチング方式の安定化電源装置を購入しました。今のところ、受信機として使っている分には、ノイズを感じたことはありません。心情的にはトランス方式にしたかったのですが、30Aに対応するトランス方式の安定化電源装置は私にとっては高価でしたので、今回は見送りましたが、今のところ、大丈夫なようです。ベテランのアマチュア無線をしている方は、どう考えられているかはわかりませんが、販売店がセット販売するくらいなので、そんなに気にする必要もないのかなと私は思っています。これから使っているうちに、不具合が出たら、そのときは勝負に負けたと思って素直にトランス方式に買い替えます。

ALINCO



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日届いたICOM IC-7300ですが、まだコールサイン申請中で電波が出せませんので、受信機として少し使ってみました。率直な印象は、スペクトラム・スコープがあって、使いやすいなと思いました。最大上下500kHzつまり1MHz幅の表示ができますが、私的には上下100kHzつまり200kHz幅が見やすくて使いやすいなと思いました。反面期待が大きかったせいもありますが、受信感度はあまり高くないかもと思いました。Sメータの振れはPerseusやレガシー受信機のFRG-7700とほぼ同じなんですが、なんとなくイマイチ感があります。プリアンプを入れれば同等にはなりますが、ノイズも増えるので、私はプリアンプは使わない派ですかね。そのかわりNRはきれいにノイズを消してくれる感じ。もっと使い込んでみれば、いろいろとコツがつかめて、使いこなせるかもしれません。あと、中波帯のATTがOFFにできるのはびっくり機能でした。中波帯の感度が上がるので、中波DXに使えるかもしれませんが、私の自宅は近くにNHK大阪第一、第二の送信所がある強電界地域なので、ATTをOFFにするとオーバーフローしてしまいます。あまりダイナミックレンジは広くないかもしれません。それから期待していたタッチパネルですが、タッチ感度があまり良くないと思います。結構しっかりとタッチしないと反応しません。iPhoneみたいにはいかないのですね。というかiPhone 13 Proの方が高額だし、最新のパネルを使っていますからね。比べるのがおかしいでしょう。

ということで、ICOM IC-7300とYaesu FRG-7700のツーショットです。

IC-7300-01

使いやすいと思った200kHz幅のスペクトラム・スコープです。リアルタイムですからすごいですね。これだけの機能を持っていて12万円でおつりがくるのは、BCL向けの通信型受信機が如何に高額なのかがわかりますね。正直、無線機の方がコスパはいいと思います。ただし、アマチュア無線のライセンスを持っていないと使えません。

IC-7300-02

以上、受信機として使ってみた第一印象でした。しばらく使い込んで、またBCL受信機との比較記事でも書いてみたいなとは思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

夏に3アマ免許を取得しました。そこでアマチュア無線を始めようと思いまして、少ない予算から捻出して、ICOM IC-7300を購入しました。最初はHF~V/Uまで出られるオールバンド、オールモード機の購入を考えていましたが、お近くのBCL仲間の方から、HFとV/Uは分けた方が良い、HFならICOM IC-7300が評判が良いとのアドバイスを頂きましたので、私なりにYAESU機と比較しまして、予算のことも考えて、晴れてICOM IC-7300ということになりました。昨日届きましたので、早速、コールサインの申請をしまして、コールサインが発行してもらえるまでは、受信だけでもできるように、セットアップしました。BCL受信機との比較もできればと思っています。問題はアンテナなんですよね。アパマンハムですので、ベランダに設置できるアンテナが限られてきます。コールサインがもらえるまでは、まだ時間がかかりますので、少し考えたいと思っています。でも、改めてアマチュア無線はお金がかかる趣味だなあと思いました。まだまだ初期投資が必要ですので、できるだけ出費は押さえたいものです。アマチュア無線って、BCLのように徐々に揃えるということができません。始めるために必要なものは揃えておかないといけませんので、いつ電波が出せるのかなと思っています。初めての経験ですので、わからないことが多すぎますね(笑)。

IC-7300-02



↑このページのトップヘ