MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777 (Barbarossa 777)】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

F1

こんにちは!Mac-BCL777です。

日本時間で今朝5時から始まったF1 メキシコGPの決勝レースですが、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンで今季14勝目、F1の年間最多勝記録を更新しましたね。年間獲得ポイント数も最多を更新しました。ポイントに関しでは、昔のポイント制度と変わっているので、単純には比較できませんが、それでも最多ポイントには変わりないですからね。今年はあと2戦残っていますから、まだ年間勝利数の更新はあるかもしれません。それにしても、今季のF1は開幕スタートではフェラーリが圧倒的に強かったうえ、レッドブルのマシンにトラブルが多発し、フェラーリがチャンピオンを獲得するのではと思いましたが、シーズンが進むにつれて、レッドブルがマシンを改良し、気がつけば、マックス・フェルスタッペンの圧勝となりました。来年は、フェラーリやメルセデスにもう少し頑張って欲しいと思います。

Max



こんにちは!Mac-BCL777です。

F1 TV Access、今年も更新しました。年額2,500円なり。高いか安いかは人それぞれですが、リプレイも楽しめますので、まあ妥当な金額かなと思っています。円安の価格にはなっていないような気がします。去年の金額、忘れました(笑)。それにしても、自動更新なのに、更新前に連絡メールがないのは、かなり不親切なサービスのような気もします。更新してからの連絡メール。ちょっとびっくりですが、まあ、利用するサービスなのでいいでしょう。いい加減、日本語サービス始めろよとは思いますけどね。

F1



こんにちは!Mac-BCL777です。

今回のモナコGP、雨で荒れた感じのレースでしたが、安定した走りで、メキシコ人ドライバーのセルジオ・ペレスが優勝しましたね。これで、ドライバーズランキング3位で110ポイント、2位のシャルル・ルクレールに6ポイント差、トップのチームメイトのマックス・フェルスタッペンとも10ポイント差です。ドライバーズタイトル争いが十分射程内です。レッドブルもセカンドドライバー扱いしにくくなりますね。苦労人のセルジオペレスですから、頑張って欲しいものです。その方がF1も盛り上がりますね。

スクリーンショット 2022-05-30 5.31.47



こんにちは!Mac-BCL777です。

結局、レース結果が分かっていながら、録画を見てしまいました。予選、決勝レースともに。昨日は午前中で退院できましたので、時間があったからですが、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝しましたので、見てしまいました。

正直、レッドブルが勝つとは思っていませんでした。その理由は、36年ぶり開催のF1オランダGP。マックス・フェルスタッペンにとっては初の母国グランプリでした。これまでの実力あるドライバー達は、例えばアイルトン・セナなど、母国グランプリはなかなか優勝できなかったものでした。なのに、マックス・フェルスタッペンは初の母国グランプリでいきなり優勝しました。これで、ドライバーズ・ポイントが224.5ポイントで、ルイス・ハミルトンに3ポイント差をつけて、ポイントリーダーになりました。現F1ワールド・チャンピオンのルイス・ハミルトンはすごいドライバーですが、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンとは違ったカリスマ性を持ったドライバーなんだなと感じました。

今回のF1オランダGPですが、有観客でコロナ禍にも関わらず7万人も観客がいました。ワクチン接種が進んでいるヨーロッパとはいえ、すごい数の観客ですね。観客もすごいですが、レースもレッドブルのポール・トゥ・ウインで完勝でした。見応えのあるレースでしたね。

あと気になったのは、メルセデスのバルデリ・ボッタス。チームオーダーを無視して、一時的にファステストラップを出しました。結果としては、ルイス・ハミルトンがタイヤ交換して、再びファステストラップを出しましたけど、このボッタスの行動からも、来年のメルセデスのセカンドドライバーは、ボッタスではないと言うことなんでしょうね。誰になるのかは、噂通り、ジョージ・ラッセルなんでしょうね。

私にとっては、面白い予選、決勝レースでした。

C6E5CB0F-412B-4D6E-AD23-DF0AC8550634



こんにちは!Mac-BCL777です。

一昨日の日曜日のF1ベルギーGPの決勝レースですが、ひどい結果でしたね。ひどい雨の中、何度もディレイされて、結局セーフティカー先導のフォーメーションラップ2周でレースは成立、セーフティーカー先導なので、当然抜いたりはできません。レッドブルのセルジオ・ペレス以外は、前日の予選の順位のままでレースが終了。ハーフポイントがドライバー、コンストラクターに付与されました。たった2周、しかもレースではないフォーメーションラップのまま終了なんて、雨の中、観戦していた観客はかわいそうですね。レースが成立しなければ、チケット代金は返金ですが、無理矢理レースが成立してしまったので、返金はないでしょう。私が見に行っていたら、完全にキレますね。ベルギーGPのチケット代はいくらなのかは知りませんが、私が日本の鈴鹿サーキットで観戦していたときは、チケット代が3万円でしたからね。普通はキレると思います。中止すべきだったと思いますね。主催者のご都合主義なんでしょうね。でも、ドライバーもこんな形で優勝とか、表彰台とか言われても、茶番としか思えないでしょうね。2度とこんなレースは見たくないです。

E13E7DF2-490E-4508-8818-6E9B1F22CE86



↑このページのトップヘ