MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線(大阪HR717)、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Mac周辺機器

こんにちは!Mac-BCL777です。

以前、当ブログの記事でMacBookに接続する外部ディスプレイが数十分毎にブラックアウトする件について書きましたが、続報がありますので、書きたいと思います。

以前の記事「MacBook USB-Cからのディスプレイ出力(HooToo HT-UC001)」

いろいろと調べていたところ、Appleのサポートコミュニティーに、同じ現象について書かれていました。詳細は、以下のリンクをご覧ください。

Appleサポートコミュニティ「MacBookに接続する外部ディスプレイがブラックアウトする」

私はこのブラックアウトする件について、当初は私の使っているサードパーティー製のUSB-Cアダプタ特有の現象なのではないかと考えていましたが、このサポートコミュニティで報告されている現象は、Apple純正のディスプレイアダプタでも発生しているようです。

しかも、MacBook (Early 2016)なので、私のモデルと同じです。

Apple macbook 2016 nw g03

 現象まとめ


発生している現象をまとめると、以下の通りとなります。
  • USB-Cディスプレイアダプタで外部ディスプレイを繋ぐと、数十分毎にブラックアウトが発生する。純正アダプタ、サードパーティー製アダプタの両方で発生している。
  • 音声も途切れることがある。
  • MacBook (Early 2016)モデルで発生している。


 対策


このAppleサポートコミュニティーによると、
「最新OSのMac OS Sierraのアップグレードする」と発生しなくなったとのことです。


 早速、Mac OS Sierraにアップデートしてみた。


私のMacBook (Early 2016) も、早速 Mac OS Sierra にアップデートしてみたところ、長時間の動画を再生しても、ブラックアウトが発生しなくなりました。まだ、数本の長時間動画を再生しかしていませんが、どうやらおさまったようです。しばらく、このまま使ってみたいと思います。

以上、MacBook (Early 2016)に接続する外部ディスプレイがブラックアウトする件についてでした。同じ問題の発生している方のお役に立てればと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBookで既存の周辺機器を使うには、変換アダプタやドックが必要になりますよね。INDIEGOGOからカッコイイ感じのポート拡張ドックが販売されているので紹介します。

 MacBookの下において使える


MacBookの下において使うタイプのポート拡張ドックです。写真を見ていただけば分かると思いますが、なかなかスマートでカッコイイと思いませんか?

写真01

MacBook下に置き、重ねて使えます。自宅などの基本となる場所に置いておき、MacBookと外部ディスプレイやUSB機器などを接続できます。MacBookと「Line Dock」は、USB-Cケーブル1本でつながります。これなら取り外しも楽ですね。ドック本体も薄いので、手軽に持ち出せます。


 装備も充実、拡張ポートだけでなく、バッテリーやSSDまで搭載できる


厚さわずか9mm、重さ590g〜720gと、とてもスリムなポート拡張ドックです。

写真02

特徴は以下のとおり。
  • 8つのポート+SDカードリーダーを搭載
  • 最大1TBのSSDを搭載可能
  • 12インチ、13インチ、15インチモデル用の3タイプを用意
  • 20,000mAhのバッテリーを内蔵
  • ワイヤレス充電用の充電パッドを4つ搭載
写真03
拡張ドックにあるポートは、以下のとおり。
  1. SDカードリーダー
  2. MiniDisplayポート
  3. USB3.0 Qualcomm QuickCharge対応ポート
  4. USB3.0 Qualcomm QuickCharge対応ポート
  5. USB-Cポート
  6. USB-Cポート
  7. USB3.0 Qualcomm QuickCharge対応ポート
  8. HDMIポート
  9. Micro USBポート
  10. 電源ボタン
  11. バッテリー残量メーター

 MacBookを思い切り拡張したい方には魅力的な商品


う〜む、最強すぎる・・・。 これだけの拡張性がありますが、「Line Dock」本体はバスパワーなので持ち運び可能。たくさんのポートが必要でモバイルバッテリーも欲しいという方には最強の拡張ドックではないだろうか。

価格は149ドル〜599ドルとなっています。

INDIEGOGOのサイトから購入できます。アメリカのサイトですが、Ships Worldwideとなっていますので、日本にも送ってもらえます。(送料別途必要)

購入は以下のリンクからどうぞ!
Indiegogo:Line Dock: A USB-C Portable Laptop Docking Station

MacBookでなんでもこなしたい人には魅力的な商品だと思います。見た目もいいし、私も欲しい気がします。



こんにちは!Mac-BCL777です。

新型「MacBook Pro」をデスクトップ並みにポートを拡張できる、拡張ドックOWC「Thunderbolt 3 Dock」が登場しました。新型「MacBook Pro」はUSB-C/Thunderbolt 3ポートしかありません。USB-A機器やディスプレイ出力、SDカードリーダーなどを使いたい場合は、変換アダプタが必要です。普通の変換アダプタだと複数必要になりますので、アダプタだらけになってしまいます。そんな時に便利な拡張ドックが登場しました。

Owc thunderbolt 3 dock


 新型「MacBook Pro」をデスクトップ並みに各種ポートを拡張できます


新型「MacBook Pro」は、USB-C/Thunderbolt 3ポートが2つまたは、4つ搭載されていますが、既存の周辺機器を利用する場合は、変換アダプタが必要になります。

そんな時にOWCの「Thunderbolt 3 Dock」を使えば、多くの必要なポートが揃うでしょう。搭載されているポートは、以下の13ポート。
  • USB 3.1 (A Type)ポート×4
  • 光オーディオ出力ポート×1
  • S/PDIFポート×1
  • FireWire 800ポート×1
  • Gigabot Ethernetポート×1
  • Thuderbolt 3ポート×2(1つは本体との接続用)
  • mini DisplayPort×1
  • SDカードリーダー×1
豊富なポート類ですね。これがあれば、MacBook Proがデスクトップ並みの拡張性になりますね。自宅では、1本の「Thunderbolt 3」ケーブルで、外部ディスプレイや外付けHDD、マウスやキーボードを全て接続でき、そのケーブルを外せば、そのまま新型「MacBook Pro」を持ち出せて便利だと思います。

Ports tb3dk all

価格は299.95ドル、発売は2017年2月の予定。既に予約は受け付けられていますが、ホームページを見ていると、日本への発送の記載がありません。日本の代理店からの発売だと思いますので、それまで待つことになるでしょうか。急がれる方は、国際転送サービスで購入という手もありますね。

メーカーのサイトはこちらからどうぞ。

以上、新型「MacBook Pro」をデスクトップ並みに拡張する拡張ドックOWC「Thunderbolt 3 Dock」でした。



こんにちは!Mac-BCL777です。

engadget(日本語版)によると、MacBook 2016やMacBook Pro 2016のUSB-C端子をMagSafe化するコネクターが発表されたので、紹介したいと思います。

 USB-CをMagSafe化する画期的なアダプター


MacBook 2016やMacBook Pro 2016からMagSafeが廃止され、USB-Cによる接続となりました。USB-C端子は電源コードを引っ掛けた場合、本体ごと引っ張られてしまうため、危険です。MagSafeなら電源コードを引っ掛けても抜けてしまうので安全です。

Snapnator01

そこで、USB-CをMagSafe化するアダプター「Snapnator」が開発されました。現在はクラウドファンディングサービスのKickstarterで製品化の出資を募集しています。 詳しくは、SnapnatorのKickStarterのページで確認していただくとして、出資は29ドルからとなっています。商品は、2017年1月からの発送となっているようです。

日本でも買えるのかな・・・。買えるなら欲しいかも。



こんにちは!Mac-BCL777です。
今日は、12インチ型MacBookのUSB-Cディスプレイ出力について書きたいと思います。

DSC 0326

12インチ型MacBookは、USB-Cによるディスプレイ出力が採用されました。普通ならApple純正のディスプレイアダプタを使うところですが、ちょっとお高いのと、USB-Aの変換やSDカードリーダが欲しかったので、サードパーティー製のUSB変換アダプタ:HooToo HT-UC001を使っています。以前書いたレビュー記事はこちらからどうぞ!

USB-Cでディスプレイ出力すると、数十分おきぐらいに画像、音声が瞬断する!


USB-A変換やSDカードリーダは何の問題もありませんが、ディスプレイ出力を数十分使っていると、瞬断するというか、画面、音声とも途切れることがあります。Apple純正では起こらないのかもしれませんが、HooToo HT-UC001だと発生します。数十分ごとに発生するので、長時間動画を再生していると結構気になります。USB-Cの特性なのか、HooToo HT-UC001のせいなのか、はっきりしません。Apple純正の変換アダプタがあれば確かめられますが、ちょっと高価なので、投資する勇気が出ません。サードパーティ製の変換アダプタをご検討の方は、ご注意ください。もし、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。よろしくお願いします。



↑このページのトップヘ