MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

iPhone周辺機器

こんにちは!Mac-BCL777です。

4月30日の発売と同時に購入したAppleの紛失防止タグのAirTag。1つ目はカミさんの鍵に付けてみました。なかなか使い勝手は良好なので、私の分も追加購入することにしました。と言うことで、もう1つAirTagを購入。AirTagのカバーになるキーホルダーもBelkin製のものを購入しました。このAirTagは紛失すると困る「社員証」「IC定期券」を入れているパスケースにつける予定です。AirTagは売れているようで、20日頃の納品予定です。これで、もし紛失してもiPhone 12 miniで簡単に位置が確認できます。会社もセキュリティ対策がうるさいので、AirTagを付けておけば、安心できると思います。

AirTag



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨年の10月から愛用している、Apple製品(iPhone 12 mini、Apple Watch 6、AirPods Pro)3機種を一度に充電できる、PowerGiant社製の3 in 1 Wireless Charging Station (充電器)の使い心地について、動画をYouTubeにアップしました。簡単な紹介動画ですので、使い勝手が伝わればなあと思っています。ただ、この便利な充電器は、私はAmazonで購入したのですが、既に販売が終わっているようです。私が購入した時は、3,894円(税込)でした。今は後期機種が販売されているようです。ですので興味がある方は、Amazonの検索窓で「PowerGiant ワイヤレス充電」とかで検索すると出てくると思います。と言うことで、時間がある方はYouTube動画を見てやって下さい。3,000円台で購入できる充電器、便利ですよ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

最近、YouTube動画を作ろうと思いまして、手軽な機材ということで、iPhone 12 miniのLightning端子に接続できるマイクを購入しました。10分程度の動画を私のナレーション入りで、このマイクを使って作ってみました。やっぱり動画でしゃべるって難しいですね。マイクを付ける位置で声の大きさが変わるので、動画編集アプリで音量調整とか・・、結構勉強になりました。今月21日ごろに、予約していたiPad Proが届くので、今、MacBook Airなのに、iPad用の動画編集アプリ「Luma Fusion」で編集しているんですが、Macだとうまく動作しない部分もあって、ちょっと苦戦しています。でも購入したマイクは、安い割に使いやすいと思います。本当はオリンパスのデジタル一眼で動画を撮りたいのですが、外部マイク端子がないので、仕方なくiPhone 12 mini使ってます。まあまあ良い買い物だったと思います。動画撮るんだったらiPhone 12 mini、128GBではなくて256GB購入しておけばよかったなあ・・。

というわけで、開封の儀です。パッケージはこんな感じ。海外製です。

IMG 4842

IMG 4843

箱から出してみると、保証書もなく、マイク本体の入った巾着袋だけです。

IMG 4844

マイクです。服とかに挟んでマイクをつけられます。

IMG 4845

IMG 4846

私が購入したのはAmazonです。税込、送料込みで1,680円でした。興味がある方は、以下のリンクからどうぞ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleが発売した持ち物の場所を探せる製品「AirTag」が発売日の昨日、家に届きました。購入したのは「AirTag」本体とbelkinの「キーホルダーカバー」です。早速、開封してみました。

パッケージはこんな感じ。AirTagは3800円、キーホルダーは1580円でした。

IMG 4797

AirTagの内容物です。取説と本体のみ。シンプルな内容です。ボタン電池の交換式でAppleによると1年持つそうです。ボタン電池はCR2032です。

IMG 4798

IMG 4799

AirTag本体のビニールシートを引き抜くと、電池から電源が供給されますので、iPhoneの近くに近づけると、接続するかどうかiPhoneの画面の表示されます。「接続」をタップしてiPhoneとペアリングします。

IMG 4800

次の画面で、AirTagに名称を設定します。今回は鍵をつける予定ですので、「鍵」を選択して「続ける」をタップします。

IMG 4801

AirTagを関連づけるApple IDと電話番号(画面は個人情報なのでマスキングしています。)が表示されますので、正しければ「続ける」をタップします。それで、iPhoneとのペアリングは完了です。これでAirTagが使えるようになります。

IMG 4802

AirTagをキーホルダーに取り付けます。

IMG 4805

IMG 4806

実際に「探す」アプリで探してみると、以下のような感じで画面表示されます。距離や方角の矢印(このスクショでは矢印は出ていませんが)も表示されます。近づいてきたら、スピーカーボタンをタップすると、AirTagが音を鳴らしてくれます。

IMG 4807

鍵の近くに来ると、以下のような画面になりますので、鍵が見つけられるという感じです。

IMG 4808

ざっくりとこんな感じですが、自分の位置から遠いところの場合は、地図が出るようですので、そこに向かって移動すれば、良いというわけです。自分の大事なものにAirTagを取り付けておけば、どこにあるのかiPhoneでわかりますので、便利ですね。ちょっとお値段はしますが、鍵以外に、例えば社員証カードなど失くすと困るものに付けておくと良いかもしれません。



こんにちは!Mac-BCL777です。

HomePod miniを使い始めてから3日ですが、気づいたことがあります。それはAirPlayでのスピーカー接続にタイムラグがあるということです。特にYouTubeの動画再生の時ですが、既にAirPlayでのMacとの接続が終わっているにもかかわらず、数秒待たされてから動画が再生されます。今まで使っていたGoogle Home miniのBluetooth接続ではなかった現象です。まあ、3秒程度なんですけど、単なるワイヤレススピーカー連携でズレが起きるのは、あまり気持ちの良いものではありません。音質はGoogle Home miniより良いんですけどね。できることが、価格の安いGoogle Home mini方が多いというのも、ちょっと気になりますね。Apple製品との接続設定が楽なのは良いですが、快適だなと思うのは、その点だけです。Apple Musicのサブスク契約すれば、もう少し使える幅が増えるのかもしれませんが、今のところ、これはすごいと思う機能はありません。もう少し使い込んでみたいと思います。

IMG 4597



↑このページのトップヘ